ローソク足の見方や意味は?ローソク足チャートの基本的な読み方から実践的な使い方

ローソク足見方のメイン画像

株取引を成功させるために必要不可欠なものと言えば?
株価チャートに描かれる「ローソク足」の見方・読み方がわかること。
さまざまなテクニカル指標が存在する中で、多くの投資家から絶大な信頼を集めているローソク足の本当の見方をご存知でしょうか?

ローソク足の見方を理解すれば、単純な株価の値動きだけでなく、相場が今どんな状況なのか?「利益を獲得できる優位な局面を見極める」ことができます。

株初心者や経験者に関わらず、株式投資家であれば取引の際に必ず見るもので、いかに重要なテクニカル指標であるかは、江戸時代に開発されてから現在まで愛用され続けてきたことが物語っています。

このページでは、ローソク足の見方とは?といった基本的な部分はもちろんのこと、ローソク足から読み取ることのできる投資家心理や取引に活かせる実践的なローソク足の見方までご紹介します。

目次非表示

ローソク足の本当の見方とは?

ローソク足から読み取れる4本値(始値・高値・安値・終値)を見ることで、一定時間内に起こった株価の上昇と下落が一目でわかります。このローソク足が作られる"一定時間"には、長いものでは1年、短いもので1分と時間によって見方もさまざまです。

ここでは、ローソク足とは?といった基本的な部分から、どのような仕組みになっているのかまでわかりやすくご紹介します。

ローソク足とは?

ローソク足とはある一定時間の値動きをローソク型で表したグラフです。上記画像のように、ローソク足を何本も集めて表示したものを”株価チャート”と呼び、ローソク足は株式投資を行ううえで必ず抑えておくべき基本知識になります。

東京エレクトロンの株価チャート画像

一般的に投資家は、株価チャートを見て、ローソク足から得られる相場の情報を読み取り、株売買を行います。もちろん、すべての売買判断をローソク足のみで行うわけではありませんが、過去の価格水準や投資家心理を読み取ることができるため、株価チャートを確認するうえで必須とされています。

しかし、株価チャートを表示させても、ローソク足が何を表していて、相場情報をどう読み取るのかがわからなければ、株式投資で利益を掴むことは不可能と言っても過言ではありません。それでは実際に、ローソク足の仕組みを紐解いていきましょう。

ローソク足で読み取れる4本値(始値・高値・安値・終値)

ローソク足の四本値(始値・高値・安値・終値)画像

ローソク足から読み取れる情報の1つに、4本値(始値・高値・安値・終値)があります。絶え間なく上下する株価も4本値を見れば、株価が一定時間にどのような値動きをしたか一目でわかり、上昇と下落を視覚的に捉えやすくなります。

例えば、始値よりも終値の方が高ければ今までの価格よりも上昇している証拠となり、そのローソク足が何本も連続して並んでいれば、多くの投資家から一定時間買われ続けている銘柄と判断できます。

また、ローソク足が作られる”一定時間”とは一体どれくらいの時間なのか?気になる方も多いのではないでしょうか?次は、ローソク足が作られる時間についてご紹介します。

始値(はじめね) ある一定時間における最初の値段
高値(たかね) ある一定時間における一番高い値段
安値(やすね) ある一定時間における一番安い値段
始値(おわりね) ある一定時間における最後の値段

ローソク足は一定時間に1本作られる

日足の作られ方の画像

ローソク足が作られる”一定時間”には、長いもので1年、短いもので1分とさまざまな時間が存在します。上記画像は、1日かけて作られる「日足(ひあし)」と呼ばれるローソク足で、株式投資において多くの投資家が注目している時間足です。

上記の日足は、株式市場が開いている9時から15時の4本値で出来ていて、取引の始まる9時を始値とし、11時に安値の50円、13時にその日1番高い210円をつけて取引が終了する15時に150円の終値でローソク足が完成しました。

このように時間の経過によって、ローソク足は一定時間に1本ずつ作成されます。また、作成にかかる時間はローソク足によってさまざまな種類があり、株式投資で主に使用される時間足は以下の通りです。

株式投資で主に使われる時間足

月足>週足>日足>8時間足>4時間足>1時間足>30分足>15分足>5分足>1分足

  • 長期
  • 短期

ここまで述べたローソク足の知識で、株価がいつどのような値動きをしたか読み取れるようになりました。とはいっても、ローソク足の魅力は、株価がいくらか見られるだけでなく、相場の勢いやこれからのトレンドを判断するための重要な情報を読み取れるところです。 次は、ローソク足の基本的な見方をご紹介します。

【ローソク足の見方 基本編】実体・ひげ・陽線・陰線を見る

ローソク足を構成する「実体」や「上ひげ・下ひげ」に注目することによって、株価の変化や投資家心理を読み取ることができます。また、ローソク足チャートでは、株価の上昇と下落を表す「陽線・陰線」が2種類の色で表されます。
ローソク足の見方は、形や色によって異なり、読み取ることができる相場情報にも違いがあります。

ここでは、ローソク足を構成する実体とひげが持つ意味や、相場の上昇と下落を表す陽線と陰線についてご紹介します。

ローソク足の実体

ローソク足の実体画像

ローソク足の始値から終値にかけての太い部分を「実体」と呼び、始値と終値によって大きさが変化します。ローソク足は一定時間に1本ずつ作られるで述べたローソク足と比べてみると、一日に動いた株価は同じですが、実体の大きさが明らかに小さいです。

これは、一時的に上昇または下落が起きたが、1日の最後には始値よりもやや上昇した程度の終値に落ち着いたことが読み取れます。このように、実体を見ればその日が始まってから終わるまでの間に何か株価を上昇・下落させる要因があったのではないか?と考えることに役立ちます。

ローソク足の下ひげ・上ひげ

ローソク足の下ひげ・上ひげの画像

ローソク足の高値から安値にかけての部分を「ひげ」と呼び、高値から実体にかけてを上ひげ」、安値から実体にかけてを下ひげ」と呼びます。ひげも実体と同様に、4本値によって長さが変わり、その長さにも意味を持ちます。

上記画像を例にすると、13時に240円の高値を付け、一時的に下落した後に再び上昇したことによって長い上ひげができたことがわかります。これは、株価が何らかの要因によって上昇した後、利益確定(買っていた投資家が売って取引を終わらせた)によって下落したかもしれないと考えられます。

もちろん、株価はさまざまな要因によって値動きが生まれるため、一概には言えませんが、株価の上昇・下落の材料を受けて売買を行うのは人間です。つまり、過去から現在までの値動きを表すローソク足には投資家の売買行動である投資家心理が反映されることは間違いないといっても過言ではありません。

陽線と陰線で値動きを見る

一般的な株価チャートを見るとわかるように、ローソク足には2種類の色がついています。これを、始値よりも終値が高く、上昇して終わったときは「陽線」、始値よりも終値が安くなり、下落して終わったときを「陰線」と呼び、株価チャートのツールによって多少の違いはありますが、2種類に色分けされています。

ローソク足で読み取れる4本値でも述べましたが、陽線が連続して出現した場合には相場が上昇している状態を意味し、陰線が連続して出現している場合には相場が下落していることを意味しています。

このように、実体とひげに加えて陽線・陰線で値動きを見ることでローソク足からさまざまな相場情報を読み取ることができるのです。しかし、いきなり貴重な自己資金を使って売買を行うのはやはり怖いものですよね?
次は、実際に相場の局面を読み取るために「ローソク足の見方 実践編」をご紹介します。

【ローソク足の見方 実践編】実際に相場の局面を読み取る

相場の値動きが一目でわかるローソク足ですが、実際に取引する際、具体的にどうローソク足を見れば良いのでしょうか?

ローソク足の実践的な見方としては、としては、単純な株価の上下だけでなくローソク足チャート全体の値動きに潜む投資家心理や要因に注目することが重要です。また、冒頭で述べたような利益の獲得しやすい、優位な局面と損失を被りやすい局面を判断できれば、勝ち組投資家の仲間入りも夢ではありません

ここでは、ローソク足チャートに潜んだ投資家心理や要因や、利益が獲得しやすい、相場の優位な局面の見つけ方をご紹介します。

ローソク足の実践的な見方

杉村倉庫の株価チャート画像

上記は、杉村倉庫(9307)の株価チャート画像です。11月27日のローソク足を見てみると、今までの株価に比べて、明らかに不自然な値動きをしていたことがわかります。

株価が上昇・下落する要因には、新製品の開発や好決算の発表などのポジティブな材料と、業績悪化や不祥事の発覚などのネガティブな材料があります。つまり、株価に大幅な上昇が見られたことは何かしらポジティブな材料があるのではないか?と考えることができます。

そして、この上昇は実際に、11月23日(金)の深夜に発表された「大阪万博の決定」というニュースによるものでした。このニュースにいち早く気づければ、株価上昇の波に乗って利益を得ることも充分に期待できます。

株価の上昇は、その株を購入する投資家が多ければ多いほど起こりやすく、期待や思惑で上昇することもあります。この杉村倉庫もまだ開催が決定していなかった2018年1月、ライバル国の参加辞退により、期待と思惑だけでテンバガー(株価10倍)を達成したのです。

ここまで、「ローソク足を見れば相場情報を読み取ることができる」と述べてきました。株初心者であろうと、ベテランであろうと、株式投資家であれば必ず見るローソク足チャートの異変に気付き、その要因を探ることが株式投資で利益を得るための一歩であり、ローソク足の実践的な見方になります。

ローソク足は1本だけでなく全体を見る

東京エレクトロンの株価チャートの窓埋め画像

上記画像は、東京エレクトロンの株価(8035)チャート画像です。先ほどまでは、1本のローソク足に注目して分析を行ってきましたが、ローソク足は1本だけでなく全体を見ることも重要です。

上記のチャートを見てみると、本来密接して並んでいるはずのローソク足の間に縦の空間が空いていることがわかります。この空間を「」と呼び、この差が埋まることを「窓埋め」と呼びます。窓が空く理由は、15時の取引終了後に業績修正や決算発表などの突発的な材料によって売買が活発化し、急騰・急落することによるものです。

窓が埋まる理由としては、急騰・急落に乗れた投資家の利益確定や根拠のある逆張りによる新規注文などが考えられます。突発的な材料により株価の急騰・急落が起こると、もっと上がる、まだまだ下がる、といったように急激に売買が殺到します。

しかし、時間が経過すればするほど、トレンドの終わりが近づき、材料による投資家の売買が沈静化していくことで窓が埋まります。とはいっても、窓が空いたら必ず閉まるわけではなく、材料によっては継続的なトレンドが発生することもあるので注意が必要です。

トレンドは永遠に続くことはなく、いつか必ず終わりがくるため、ローソク足を1本ずつ見ていては、全体的なトレンドの変化に気づきにくく、例としてあげたような徐々に埋まっていく窓にも気づきにくくなってしまいます。

また、ローソク足の全体を見てわかるパターンは他にも、江戸時代から現在まで愛用され、売買タイミングを示す「酒田五法」や2本のローソク足から値動きを読み取る「包み足・はらみ線」など、さまざまな種類があります。

ローソク足の見方を極めると優位な局面がわかる

株式投資の必須知識であるローソク足の見方を極めると優位な局面がわかるようになります。無料セミナーでも解説していますが、相場には5つの局面があり、その中からローソク足に注目するとわかる優位な局面の見つけ方をご紹介します。

ローソク足から優位な局面を見つけるためには、ローソク足の実践的な見方で述べたように、株価チャートの異変に気づくことが重要です。

個人や法人に関わらず、株価チャートが横ばいだった銘柄に大きな資金流入があった場合、横ばい中の高値を抜けて、必ずローソク足が大きく上昇します。つまり、相場に変化が訪れ、上昇トレンドに転じたタイミング、または押し目を待って買い注文を入れることで優位な局面が続く間は利益を獲得できます

また、この時になぜ普段と異なるローソク足が現れたのか?要因を探ったうえで、根拠を持って取引することも重要です。過去から現在までの相場情報を読み取れるローソク足から相場の全体像を見極められれば、株初心者でも利益が出せる優位な局面を見つけることに繋がります

しかし、前述した5つの局面には手をだしてはいけない危険な局面もあり、知らずに売買を行うと、投資経験者であっても大きな損失を抱えてしまいます。利益を得るはずだった株式投資で損失を抱えないためにも、株初心者であればなおさら、相場の全体像となる5つの局面は理解しておく必要があります。 危険な局面と優位な局面を見極められれば、将来に向けて資産を積み上げていくことができるでしょう。

まとめ

ここまで、ローソク足の意味や仕組みから実践的な見方、ローソク足からわかる優位な局面など、株価チャートの基本となる「ローソク足の見方」をご紹介してきました。

ローソク足は、株初心者や経験者に関わらず、株式投資家であれば必ず取引の際に見るもので、いかに重要なテクニカル指標の1つであるかは、今まで長きにわたって愛用され続けてきたことが物語っています。

いろいろなテクニカル指標にも応用されているローソク足の基本をしっかりと抑えて、利益が獲得できる優位な局面と、知らなければたちまち資産を失う危険な場面を見極めることができれば、将来の不安を取り除き、自分の人生を豊かにする株式投資となるでしょう。

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。