スイングトレードのコツが掴める銘柄選びと取引手法

スイングトレード

スイングトレード」とは、数日~数週間という短いスパンで取引を繰り返す投資スタイルです。

利益を得られるまでの期間が短く、少額な資金でも効率的に回せる」という短期投資ならではのメリットはもちろんのこと、日をまたいで株式を保有することで「決算発表や取引時間外の材料による値上がりも儲けのチャンスにできる」という中長期投資のメリットまで併せ持つ、まさに「いいとこ取り」な投資スタイルと言えるでしょう。

さらに、頻繁に株価を確認・取引する必要がないことから、日中に時間の取れないサラリーマンの方でも継続しやすく、初心者の方が株式投資を始める際にもオススメです。

ここでは、スイングトレード自体の説明、メリット・デメリットだけでなく、スイングトレードを有利に進めるための銘柄選びや注文方法、そして初心者の方でも使いやすいテクニカル手法をご紹介します。

目次非表示

スイングトレードとは

数日~数週間で売買を完結させる投資スタイル「スイングトレード」。ここでは、スイングトレード自体の説明に加え、デイトレードとの違いもご紹介します。

スイングトレードとは

スイングトレードとは、数日~数週間という短いスパンで取引を繰り返す投資スタイルです。保有日数に明確な定義がないことが特徴で、その理由は、トレンドが続く間保有するという投資手法だからです。

相場は、短期間のトレンドが繰り返されることで長期間のトレンドが形成されています。長期間のチャートで右肩上がりでも、拡大してみると実は細かく上昇・下降を繰り返していることが分かると思います。この小さなトレンドが続いている間保有することで、トレンドの恩恵を最大限に受けることができます

また、頻繁に株価を確認したり取引を行う必要がなく、サラリーマンの方や株初心者でも継続しやすいことから、多くの投資家に人気の投資スタイルです。

スイングトレードとデイトレードの違い

同じ短期投資としてよく比較されるスイングトレードとデイトレード。その大きな違いは、株の保有期間にあります。

デイトレードは、一日に複数回取引を行い、その日の内に取引を完結させることで株を持ち越しません。取引時間中、板に張り付いてトレードを繰り返さなければいけないことから、日中時間のないサラリーマンの方には厳しい投資スタイルです。

頻繁に売買を行うことで少額な資金でも効率よく回転させることができるので、多くの株初心者が株式投資を始めようと思うキッカケになっています。しかし、細かな株価の動きを儲けのポイントとすることで利益を得る機会が多い反面、損失の機会も多いことから、安定して利益を得るには難易度の高い投資スタイルと言えます。

スイングトレードも、主にテクニカル分析によって株価の値上がりを儲けポイントとしますが、デイトレよりも保有期間を少し伸ばすことで、ファンダメンタルズによる儲けポイントにも手が届くようになっています。

つまり、スイングトレードは、「デイトレード」と「中長期投資」両方のメリットを実現させた投資スタイルと言えるでしょう。

次は、そんな魅力的な特徴を持つスイングトレードのメリットをご紹介します。

【メリット】スイングトレードはサラリーマンでも始めやすい

デイトレードと比べて長く株を保有するスイングトレードには、テクニカル分析で取引しつつ決算・イベントの恩恵も受けられる「いいとこ取り」なメリットが多くあります。ここでは、スイングトレードならではのメリットを3つご紹介します。

1日1回仕事終わりに銘柄チェック

中長期運用では利益を得られるまでに時間がかかる、でも日中は仕事でデイトレードは実践できない。という方も多いのではないでしょうか?

スイングトレードは、終日・数週間の値動きを儲けポイントとすることから、デイトレードほど細かな値動きを気にしません。そのため、頻繁に株価をチェックしたり取引を行う必要がなく、日中の取引時間に時間が作れない方でも実践できる投資スタイルです。

また、基本的にその日の終値を元に銘柄を選ぶため、取引時間外に余裕を持って株価や材料をチェックすることができます。仕事終わりなどの時間のあるタイミングで情報収集ができるので、無理せずじっくり投資活動を続けることができます。

少ない資金でも利益を積み重ねられる

スイングトレードは、数日間というスパンで売買を繰り返すことから、少額な資金でも効率的に回転させることができます、そのため、一回一回の利益が小さくても売買の回数でカバーし、利益を積み重ねることができます。

中長期投資よりも少額で始めることができ、利益を得るまでの期間が短く利益の実感が湧きやすいという、株初心者が始めやすいメリットを持ち合わせています。

トレンドを最大限に活用できる

売却益を得るにあたって、購入額と売却額の差、つまり差額を大きくするには、トレンドの活用が必要不可欠です。デイトレ・スイング・中長期投資など、実践する投資スタイルによって適したトレンドの大きさは様々です。

デイトレの場合はトレンドに乗るために一分一秒を争い、中長期投資の場合は数年という長期間のトレンドを見極めなければなりません。しかし、スイングトレードであれば数日という、短すぎず長すぎずの期間でトレンドを活用することができます。

また、冒頭でもご説明したように、スイングトレードは「トレンドが続く限り保有する投資スタイル」なので、明確な保有期間が決まっておらず、トレンドの発生から終了まで最大限活用することができます。このように、トレンドを最大限に活用できる・活用しやすいという面でも、スイングトレードは非常に魅力的な投資スタイルと言えるでしょう。

決算発表の恩恵が受けられる

スイングトレードは、デイトレに近い短期投資でありながら、中長期投資のような業績による値上がりも期待できます。

基本的には、テクニカル分析を主軸にトレンドに乗って利益を得ます。しかし、一日で取引を完結させるデイトレと違って、日をまたいで株を保有することから、決算発表などの好材料による値上がりも利益のチャンスとして掴むことができます。

基本的に、決算発表をはじめとする企業からの材料報告は、取引時間の終了した15時以降に発表されます。つまり、その材料が株価に反映されるのは翌営業日の寄り付きとなるので、自分の保有している銘柄についての好材料が発表された場合は、それに伴う値上がりが期待できます。

しかし、このメリットは裏を返せばデメリットにもなるので注意が必要です。次は、スイングトレードのデメリットを2つご紹介します。

【デメリット】スイングトレードは予想外の損失も?

スイングトレードは、保有株を持ち越すことで決算による値上がりの恩恵が受けられる一方で、逆に決算による下落リスクも背負うことになります。ここでは、持ち越しのリスクと損切りのメンタル面というデメリットについてご紹介します。

保有株の持ち越しリスクがある

前述したように、スイングトレードは、日をまたいで株を保有することで、決算発表などの好材料に伴う値上がりが期待できるというメリットがある一方、業績の下方修正などの悪材料であった場合は、株価が下落する要因となります。

つまり、値上がりが期待できる代わりに、下落するリスクも持ち合わせているということです。しかし、このリスクはスイングトレード特有のものではなく、投資をする上では当然のように付きまとうリスクなので、スイングのデメリットというよりは投資全般におけるリスクと言えるでしょう。

唯一持ち越しリスクの無いデイトレードは、一日で取引を完結させることで、この保有株の持ち越しリスクを無くす代わりに、決算発表による値上がりのチャンスも放棄している投資スタイルになります。

損切りが曖昧になりやすい

繰り返しになりますが、スイングトレードは「トレンドが続いている間保有する」という投資スタイルであるため、明確な保有期間が定められていません。

これが原因で、含み損が許容範囲を超えても損切りができなくなる可能性が高くなります。デイトレであれば、一日で完結する投資スタイルであることから強制的に売却になる一方、スイングでは、「次のトレンドまで待とう」「まだ戻るかもしれない」という気持ちが芽生えやすくなります

これは、自分の許容できる範囲で損切りのライン・ルールを明確に定めて厳守することで回避できるデメリットです。

投資で大損を経験した人のほとんどが
損切りを怠ったことによる損失の拡大が原因
と言われています。

損切りは、全ての投資家に必須のスキルと行っても過言ではありません。こちらも、スイングだけのデメリットではなく、投資全般におけるリスクと言えるので、投資をする上ではしっかりと対策しておきたいところです。

以上、スイングトレードのメリット・デメリットをご紹介しました。メリットの割にデメリットが少なく、デイトレと中長期投資のメリットを併せ持つ「いいとこ取り」な投資スタイルということがお分かりいただけたと思います。
次は、そんなスイングトレードの強みが活かせる銘柄の選び方をご紹介します。

【スイングトレードのコツ】銘柄の選び方と注文方法

スイングトレードにオススメの銘柄選び

当たり前のことですが、数日~数週間で売買を完結させるスイングトレードには、近々上昇するであろう銘柄が最適です。ここでは、様々な指標を使って、近い将来上昇する可能性の高い銘柄を探す方法を紹介します。

時価総額と流動性

スイングトレードに限った話ではなく、投資先の銘柄を選ぶ時にベースとなるのが、「安定した動きでいつでも取引できる銘柄」です。この条件を満たす銘柄が、時価総額の高い銘柄です。

時価総額とは、「株価×発行済株式数」で求められる銘柄の規模を表す指標です。 時価総額の小さな銘柄は、時価総額の大きな銘柄と比べて発行済株式数が少ないことから、より少量の株が売買されただけで株価への影響が見られます。つまり、株価が急騰・急落しやすく、不安定な動きをする可能性が高いと言えます。

そして、流動性とは「どれくらいの頻度で売買されているか」のことで、流動性が高い=頻繁に取引されている銘柄ということになります。
流動性が高ければいつでも売買することができますが、流動性が低い場合は売りたい時に売ることができず、せっかくの売り時を逃してしまうことがあります。

安定的な投資をする場合は、少なくとも時価総額100億円以上が望ましいでしょう。
逆に、一回の取引で大きな利益を得たい。という場合は、不安定ながらも短期間で大きな値動きをみせる新興市場を投資の場に選び、「テーマ株」に狙いを絞るというのも一つので手です。
テーマ株については、「2019年も大化けが期待できるテーマ株6選」にて詳しくご紹介しています。

信用倍率

信用倍率とは、信用取引における「信用買い」と「信用売り(空売り)」のバランスを表した指標で、貸借倍率や取組倍率とも呼ばれます。

信用倍率は、「信用買い残高÷信用売り残高」で求められ、
数値が高い=信用買い残高が多い=将来的に売りが多くなる可能性が高い
数値が低い=信用売り残高が多い=将来的に買いが多くなる可能性が高い
と考えられます。

銘柄を選ぶ際に、信用倍率の高い銘柄を除外することで、「将来的に買われる(株価が上がる)」銘柄を選ぶことができます。目安としては、2.5倍以下の銘柄を選ぶと良いでしょう。もちろん、この流れは絶対ではなく、あくまで可能性が高いということを忘れてはいけません。

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、現在の株価が移動平均線からどれくらい離れているかを表すテクニカル指標です。 現在の株価が移動平均線より上である場合はプラス、現在の株価が移動平均線より下である場合マイナスで表され、トレンド中の「押し目買い・戻り売り」の目安として使われます。

移動平均線とは、過去の終値から平均値を出して線で結んだ指標です。例えば、25日移動平均線であれば、当日から過去25日間の終値を合計し、25で割った平均値を線で結んでいます。スイングトレードの場合、この25日移動平均線を元に算出された「25日移動平均乖離率」が多く使われます。

具体的な数値としては、プラスマイナス2%を目安にテクニカル分析として利用されることが多いですが、今回は銘柄のスクリーニングとして利用するので、余裕を持たせてプラスマイナス5%程度で考えると良いでしょう。

RSI(相対指数)

RSI(相対力指数)とは、上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いかを表すテクニカル指標です。50%を軸に0~100%の範囲で変動し、上昇局面だと50%以上、下降局面だと50%以下で推移します。

スクリーニングの際に使う目安としては、45~60%程度が良いでしょう。50%を軸に上限を広く下限を狭く設定することで、50%付近の銘柄を拾いつつ下落のリスクを抑えることができます。また、移動平均乖離率と合わせて使うことで、さらに「押し目買い・戻り売り」に適した銘柄が見つけやすくなります。

スイングトレードに便利な注文のコツ

東証の取引時間は平日の9時~15時です。つまり、サラリーマンなどの日中に仕事のある方は、取引時間を作るだけで一苦労だと思います。
そこで、スイングトレードの利点を上手く引き出す注文方法・取引方法をご紹介します。株取引と本業を両立させたいサラリーマンの方など、ぜひ参考にしてみて下さい。

指値注文と逆指値注文

株式投資には様々な注文方法がありますが、その中のベースとなる基本的な注文方法が「成行注文」と「指値注文」です。

成行注文とは、早く売買したい時に使う注文方法で、値段を問わずその時に約定できる値段で売買します。
指値注文とは、値段を重視する注文方法で、自分の指定した値段以上で売却・以下で購入する代わりに、株価がその値段にならなければ約定しません。

そして、スイングトレードの強みを最大限に活かせる注文方法が「逆指値注文」です。

逆指値注文とはその名の通り、指値注文を逆に行う方法で、
自分の指定した値段以上で購入→上昇トレンドに乗るために◯円を超えたら購入
自分の指定した値段以下で売却→自動で損切りするために◯円以下で売却
といった使い方ができます。

理想としては、逆指値注文を使って銘柄が上昇し始めたタイミングで購入、指値注文を使って目標株価で売却、損失を拡大させないために逆指値注文で損切りといった流れです。

逆指値注文をあらかじめ出しておくことで、実質自動で取引時間中の値動きに対応できるので、日中に時間のないサラリーマンの方でも有利にスイングトレードが続けられます。

PTS取引(夜間取引)

PTS取引とは、「私設取引システム」のことで、証券取引所を経由せずに株式を売買できる証券会社独自の取引システムです。取引所を介さないことから、通常取引の時間外でもリアルタイムで株取引が行えるので、早朝・夜間でも取引ができるというメリットがあります。

これにより、日中に時間がないサラリーマンの方でもリアルタイムで取引ができたり、取引時間外の材料・決算発表に素早く対応できるので、スイングトレードの欠点でもある持ち越しリスクを削減することができます。

しかし、デメリットも多いのが難点です。
まず、そもそも利用している人が少ないことから流動性が低くなってしまいます。また、自分の指定した値段で約定される指値注文しか利用できません。そして、この2つのデメリットが要因となり、株価変動が激しいというデメリットが発生します。

流動性が低い上に各投資家が値段を指定するため、株価の動きが安定せず、株初心者の方がPTS取引をメインにするのはあまり望ましくありません。しかし、取引時間外の材料に対応できることは大きなメリットとなるので、スイングトレードの欠点をカバーする1つの手段として頭の隅に置いておきたい取引方法です。
PTS取引については「夜間取引・PTS取引 とは」にて詳しくご説明しています。

以上、スイングトレードに適した銘柄の探し方、注文のコツをご紹介しました。次は、今回最も実践に近く重要な「買いタイミング・売りタイミング」の見極め方をご紹介します。

株初心者でもできる!スイングトレードのテクニカル手法

銘柄選定・注文方法ができればあとは実際の取引です。スイングトレードの主軸はテクニカル分析なので、買いタイミング・売りタイミングを的確に見つけるためには、テクニカル指標が欠かせません。ここでは、株初心者の方でも使いやすいスイングトレードに有効なテクニカル指標をご紹介します。

移動平均線

まずは、移動平均乖離率でもご紹介した「移動平均線」です。多くのテクニカル指標のベースとなっている上に、単体でも売買タイミングの目安として使えるので、スイングトレードに関わらずテクニカル分析の初歩といえる指標です。

移動平均線による売買タイミングの読み取り方
買い:短期の移動平均線長期の移動平均線下から上に抜ける「ゴールデンクロス」
売り:短期の移動平均線長期の移動平均線上から下に抜ける「デッドクロス」

以下は、5日移動平均線(短期)と25日移動平均線(長期)によるゴールデンクロスとデッドクロスです。ゴールデンクロスの後に株価が上昇、デッドクロスの後に下落していることが見て取れます。

移動平均線画像

ちなみに、2018年11月5日現在、右端にゴールデンクロスが発生したばかりなので、このチャートは今後株価上昇が期待できる状況にあります。

MACD

MACDとは、移動平均線をベースに作られた「MACD」と「シグナル」の2本線から構成されるテクニカル指標です。先程の移動平均線同様、売買タイミングを読み取ることができますが、指数平滑移動平均が使われているため、最近の株価をより重視した移動平均となっています。

MACDも「ゴールデンクロス」「デッドクロス」によって売買タイミングが表されます。 買い:MACDシグナル下から上に抜ける「ゴールデンクロス」
売り:MACDシグナル上から下に抜ける「デッドクロス」

MACD画像

また、ヒストグラムは、MACDとシグナルがどれくらい離れているかを表します。
ヒストグラムが0以上であれば、MACDがシグナルより上に推移
ヒストグラムが0以下であれば、MACDがシグナルより下に推移

つまり、ヒストグラムが下から上に切り替わればゴールデンクロス、逆に上から下に切り替わればデッドクロスを意味することから、MACDやシグナルなどの線を表示しなくても、ヒストグラムだけで売買タイミングを読み取ることができます。

MACDは、最近の株価を重視した移動平均線の強化版で、ヒストグラムのおかげで株初心者の方でも使いやすいテクニカル指標と言えるでしょう。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を中心に帯が表示され、「株価の大半がこの帯の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標です。

買い・売りの均衡により株価が一定の範囲内で動いている状態を「スクイーズ」、一方の勢いに偏り株価が大きく動いている状態を「エクスパンション」と呼びます。
スクイーズ時は、株価の値動きか小さく帯の幅も狭いことから、ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析は、主にエクスパンション時の方が成功しやすいと言われています。

ボリンジャーバンド画像

そして、ボリンジャーバンド最大の特徴は、株価がそれぞれの範囲内に収まる確率を目安にできることです。

株価がそれぞれの範囲内に収まる確率は、
-1σ~+1σの中に収まる確率 約68.3%
-2σ~+2σの中に収まる確率 約95.4%
-3σ~+3σの中に収まる確率 約99.7%
と言われています。

基本的に、株価が-2σに触れたら買いシグナル、+2σに触れたら売りシグナルとして利用されます。また、MACDと併用した方法で、MACDが前回よりも高い所でゴールデンクロスを作り、なおかつボリンジャーバンドの-2σから上へ反転したタイミングで買うという方法もあります。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、株の「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。一定期間における最高値から最安値までの範囲で、直近の終値がどの位置にあるかを表します。

ストキャスティクスは2種類あり、お互いを補う形でメリット・デメリットが存在します。
ファスト・ストキャスティクス%K(短期線)%D(中期線)で構成され、先行性があり素早い一方、サインと違う動きをするダマシが多い。
スロー・ストキャスティクス%D(中期線)%SD(長期線)で構成され、ダマシが少ない代わりに遅行性がある。

両方に共通して
20を下回ると売られすぎ→買いポイント
80を上回ると買われすぎ→売りポイントと判断することができます。

以下は、短期投資向けのファスト・ストキャスティクスを表示したチャート画像です。

ストキャスティクス画像

ファスト・ストキャスティクスの売買サインは、
低水準エリアで%K(短期線)%D(中期線)下から上に抜けると買いサイン
高水準エリアで%K(短期線)%D(中期線)上から下に抜けると売りサイン
になります。

また、同じようにスロー・ストキャスティクスでも、
低水準エリアで%D(中期線)%SD(長期線)下から上に抜けると買いサイン
高水準エリアで%D(中期線)%SD(長期線)上から下に抜けると売りサイン
になります。

こちらもボリンジャーバンド同様、MACDとの併用で精度を向上させることができ、スロー・ストキャスティクスで買いシグナルが出た時、MACDでもシグナルが出るのを待ってから買いに向かうという手法があります。

以上、株初心者でも使いやすいテクニカル指標をご紹介しました。スイングトレードは、テクニカル分析が儲けの主軸となります。どれも覚えやすい指標なので、1つのテクニカル指標だけで売買タイミングを判断するのではなく、他の指標と合わせてご活用ください。

まとめ

以上、スイングトレードについてご紹介しました。

スイングトレードは、短い期間で利益が得られ、資金を効率的に回転させられるという短期投資のメリットと、決算発表などの好材料やトレンドによる値上がりを掴めるという中長期投資のメリットを併せ持つ「いいとこ取り」な投資スタイルです。

日中に取引時間を作れない会社員の方でも始めやすいことから、初心者の方が株式投資を始めるにはピッタリだと思います。銘柄選び・テクニカル分析はもちろんのこと、損切りをしっかり行うことで充実した投資生活を送ってください。

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。