短期・中期・長期投資、おすすめの投資スタイルは?

短期・中期・長期投資

株式投資には、大きく分けて短期投資・中期投資・長期投資という3つの投資スタイルがあります。

一般的に、投資といえば短いスパンで売買を繰り返す短期投資のイメージが強いかもしれませんが、本来の投資は基本的に長期投資で、企業の業績を重視して長いスパンで成長性を見極めることが大切になります。

短期投資は過去の経験則を元にチャートを分析するので利益が安定的ではなく、実は一般人である個人投資家が儲けるには非常に難しい投資スタイルと言えます。一方、中長期投資は企業の業績や財務状況を元に投資することから、業績が伸びる→多くの人が株を買う→株価が上がるといった現実味のある過程で利益が得られます

このページでは、短期・中期・長期投資それぞれの特徴やメリット・デメリットをご説明したのち、投資スタイルごとに求められる銘柄の選び方をご紹介します。

目次非表示

【投資の種類】短期・中期・長期投資とは?

1口に投資といってもその種類は様々で、大きく短期・長期投資に分けられ、小さく分類するとデイトレ・スイング・中期・長期と分けることができます。ここでは、それぞれの特徴をご説明するとともに、どういった生活スタイルに適しているのかをご紹介します。

短期投資とは

短期投資とは、株式を購入したその日、遅くても1年以内には売却する投資スタイルで、大体3ヶ月程度の保有期間で売買をする投資方法です。特に、その日のうちに売買を終わらせる投資スタイルを「デイトレード」、数日で終わらせる投資スタイルを「スイングトレード」と呼びます。

多くの人が思い浮かべる短期投資のイメージは、何枚ものモニターにチャートを表示して取引をしている姿だと思います。チャートを元にテクニカル分析を駆使して売買の判断をすることが多いほか、一過性の流行や価格変動の流れに乗って利益を狙うので、常に値動きを見張っているのです。

保有期間を短くすることで資金の回転が早く、少額でも利益を積み重ねられるというメリットがある一方、売買回数が多いことで損失の機会が多い、手数料がかさばるといったデメリットもあります。

中期投資とは

中期投資とは、3ヶ月~3年程度の保有期間で売買をする投資方法です。基本的に長期投資と一緒に「中長期投資(保有期間:半年以上)」として扱われることが多く、このページでも中長期投資として扱います。

短期投資と違ってテクニカルではなく、ファンダメンタルズ分析で企業の業績や財務状況を重視して売買の判断をします。また、景気や金融政策など、数年ごとに循環的な動きをする価格変動の要因を儲けのチャンスとして活用することができます

しかし、投資したタイミングでたまたま景気が後退局面だった場合、3ヶ月~3年の投資期間で利益を得るのが難しく、やむを得ず長期投資へと移行しなければならない場合も考えられます。

長期投資とは

長期投資は、保有期間としては3年以上が目安となりますが、基本的に売却を考えずに配当金・株主優待で利益を得る投資方法です。ほとんど放置で資産が運用できるため、理想的な投資スタイルと言えるでしょう。

長期投資は、日々の価格変動ではなく将来的な成長性を重視して投資するため、こちらもファンダメンタル分析で企業の業績から投資の判断をします。頻繁に売買を行わないことから、手数料などのコストが低く比較的放置で運用できる一方、投資資金が少額だとあまり利益が得られないというデメリットがあります。

保有期間 主なメリット 主なデメリット
短期投資 1日~1年以下 売買を繰り返すことで少額な資金でも利益を積み重ねられる 頻繁に売買を行うので損失の機会が多い
中期投資 3ヶ月~3年程度 景気や金融政策などのサイクルを儲けのチャンスとして利用できる 投資のタイミングによっては長期投資への移行が必要になる
長期投資 3年以上または
売却しない
基本的に放置で利益が得られる 投資資金が少額だと利益も少なくなってしまう

今の生活で実践できるかどうか、許容できる範囲のデメリットかどうかを見極めるためにも、次はさらに細かくメリット・デメリットをご紹介します。

短期投資のメリット・デメリット

少額から始めることができ、利益が目に見えやすいことから多くの個人投資家に人気がある短期投資。ここでは、短期投資のメリット・デメリットをご紹介します。

短期投資のメリット

利益を得るチャンスが多い

短期投資は、自分の購入したときよりも高い額で売却することで利益を得ます。日々の相場は、分単位・日単位で変動することから、変動のたびに利益が得られるチャンスが訪れると言っても過言ではありません。

また、下げ相場でも「空売り」を使うことで利益を得られるので、必ずしも株価が上がる銘柄を購入する必要はありません。空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、後で株を購入・返却する取引方法です。つまり、空売り後に株価が下落すれば利益、上昇すれば損失となります。株価は下がっても0円までという底がありますが、上昇には天井がないのでリスクの高い取引方法と言えます。

少額から始められる

長期投資の場合、配当金や株主優待が利益となるため、毎年安定した利益が得られる代わりに利益は少額です。つまり、投資資金が大きくなければそれなりの利益を得ることができません。

しかし、短期投資の場合は、少額な投資資金でも効率よく資金を回すことで利益を積み重ねることができます。また、購入時と売却時の差額の分だけ利益が得られることから、数十%や数倍の利益も考えられます。

損失を抑えて投資対象を変更できる

短期投資の場合、極端に言えばいつでも保有株を売却して手放せます。つまり、自分の許容できる損失額に達したら即座に売却し、投資対象を変更することで損失を最小限に抑えつつ、次の儲けの機会へ資金を移動することができます。

この自分の許容できる損失で即座に売却することを「損切り」と呼びます。損切りするラインを明確に定めて実践することで資産を守り、効率的に資金を回転させることが短期投資では重要なポイントとなります。

逆に損切りできずに含み損を抱えたまま保有する「塩漬け」をしてしまった場合、株価が回復する可能性がある一方で、もちろん更に下がる可能性がある上にその間資金が拘束されてしまい、他の投資対象で得られる利益が少なくなってしまいます。

短期投資のデメリット

損失がかさばる

売買を頻繁に行うことから利益を得るチャンスが多い短期投資ですが、逆に損失をかぶる機会も多くなってしまいます。また、小さな利益を積み重ねれば大きな利益となるように、小さな損失でもかさばれば大きくなります。

メリットの裏を返したようなデメリットですが、前述したように「損切り」を徹底すれば損失は自分のタイミングで断ち切ることができます。利益の大小は待ってみなければ分かりませんが、損失は小さな段階で自主的に確定できるのでそこまで怖いものではありません。

手数料などのコストが高い

こちらも、売買を頻繁に行うことによるデメリットです。株取引は証券会社を仲介役として行うため、取引毎に手数料が発生します

取引を行えば行うほど手数料がかかる上に、手数料よりも小さな利益で確定してしまうと逆に損失となる「手数料負け」も考えなければなりません。しかし、インターネットの普及と手数料の自由化により、最近では驚くほど手数料が安くなっています。

また、短期売買向けの手数料体系として、1日の取引代金の合計額ごとや、決められた取引代金以下であれば無料という証券会社もあるので、是非あなたの投資スタイルに適した証券会社を探してみてください。取引手数料については「徹底比較!おすすめの証券会社ランキング」で詳しくご紹介しています。

細かい値動きを見るため時間が必要

分単位・日単位で変動する相場を監視するには、とにかく投資に充てる時間が必要になります。東証の取引可能時間は、9時から11時30分までの前場、12時30分から15時までの後場と決められています。

普段仕事をしている人は、この時間帯で取引する時間を作るのはなかなか難しいのではないでしょうか。購入を考える段階ならまだしも、売却の場合はタイミングを失ってしまうと損失を被ってしまいます。そのため、当日~数日で売買を完了するほどの短期投資に限っては、細かい値動きを見る時間のある方に適していると言えるでしょう。

次は中長期投資のメリット・デメリットをご紹介します。

中長期投資のメリット・デメリット

その名の通り、長い期間株を保有する中期・長期投資。投資に充てる時間がない方におすすめの投資スタイルです。ここでは、中長期投資のメリット・デメリットをご紹介します。

長期投資のメリット

失敗のリスクをコントロールできる

長期投資のメリットとして、まずリスクをコントロールしやすいことが挙げられます。わかりやすく言うと、失敗した時の被害を小さくする対策が立てやすいということです。この対策として大きく3つの方法があります。

1.銘柄・業種を分散させる

基本的な対策として、銘柄・業種を分散させる方法があります。1銘柄に集中的に投資した場合、その銘柄が下がってしまうと資産が目減りしてしまいます。しかし、複数の銘柄に投資すれば、ある銘柄が下がっても他の銘柄で補ってリスクを削減することができます

デメリットとして、予想が的中して株価が大きく上昇した場合、集中的に投資したときよりも利益が少なくなってしまうことが挙げられます。しかし、投資で成功する一番の近道はいかに投資を長く続けられるか。つまり、いかに損失を少なくするかにかかっているので、リターンよりもリスクを重視した投資が最善の策と言えるでしょう。

2.市場を分散させる

投資には、株式の他に債権や不動産など様々な市場が存在します。色々な市場に資産を分散させて投資することで、1つの市場が低迷しても他の市場で補うことが可能です。

また、選択肢の1つとして投資信託があります。投資信託とは、様々な銘柄を1つのパックに詰めたイメージで、1つ購入するだけで様々な銘柄に分散投資することができます。商品によっては全体相場が下がれば利益が出るように構成されたものも有るので、上昇相場に強い商品と下落相場に強い商品を購入することも1つの選択肢です。

3.時間を分散させる

最後は「ドルコスト平均法」と呼ばれる、高値で掴むリスクを削減する方法です。ある銘柄を購入する際、1度に購入するのではなく、毎月一定額というように購入時間をずらして投資します。

ある日は高め、ある日は安めで購入することになり、最終的な購入額が平均値になるので、高値で掴むリスクを削減できるということです。ポイントとしては、数量を等分するのではなく、金額を等分するという点。金額を等分して購入することで、株価が上がれば購入できる数量は少なく、株価が下がれば多くなるので、数量を等分するよりも平均値の点で有利に投資することができます。

「毎月の給料から一定額を投資に充てる」と決めて長期投資ができるので、会社員の方にオススメの方法です。

複利で利益を飛躍的に増やせる

1度投資したまま配当金などの利益を受け取ることを「単利
受け取った配当金を再度投資にあてることを「複利」と呼びます。
この複利を活用することで、資産拡大のスピードを飛躍的に伸ばすことができます。

例えば、年利5%で100万円を投資すると、1年に1回5万円の配当金が得られます。単利の場合、毎年固定で5万円を受け取り続け、30年後の資産は250万円に拡大します。

一方、複利の場合、1年目は5万円、2年目は5万2,500円、3年目は5万5,125円と受け取れる配当金自体が増えていき、30年後の資産はなんと432万1,942円にまで拡大します。

複利画像

出典:CALCULATE STUFF

ちなみに、複利を行った場合の30年目の配当金は20万5,806円。毎年5万円の単利とは比べ物にならない金額の利益となりました。

手数料などのコストが低い

長期投資は短期投資と違って売買を行う回数が少ないことから、単純に手数料が発生する機会が少なくなります

特に、売却せずに配当金を受け取り続ける場合、購入時の手数料のみで済むので、コストを大幅にカットすることができます。しかし、投資信託など保有するだけで手数料がかかる商品は、逆に保有コストが大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。

比較的放置で時間に余裕ができる

長期投資は、日々の価格変動を気にせずに将来的な利益を見ることから、細かな値動きをチェックする必要がありません

株式を保有しているだけで配当金という利益が得られるため、日中時間のない方でも始めやすく、これから株式投資を始めようと思っている方や会社員の方など、幅広い層にオススメの投資スタイルです。

このように、資産を保有しているだけで得られる利益を「インカムゲイン」と呼びます。詳しくは「インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いや種類・税金などを徹底解明!」をご覧ください。

長期投資のデメリット

利益を得るまで時間がかかる

長期投資は、その名の通り長期間保有する投資方法なので、基本的に配当金が分配されるまで利益を得ることができません。そのため、投資を続ける中で利益が得られているという実感が湧きにくいというデメリットがあります。

特に、株式投資を初めたばかりのころは、投資資金が少なく利益も少額だと思います。購入時の利回りから、何年でいくら利益が得られるのかを計算して目標を立てることが大切です。安定した利益で着実に目標へ近づいていることが実感できるはずです。

多額の投資資金が必要

現在、日本株で得られる配当金の利回りは平均2~3%ほどで、前述したように投資資金が少ないと利益も少額になってしまいます。

仮に配当金のみで生活するために年間300万円を得ようと思った場合、利回り3%の株に1億円も投資しなければなりません。短期投資ほど少額な資金で行うことは難しいですが、複利で利益を飛躍的に増やせるというメリットを活用することで、大幅な資産拡大ができることに違いはありません。

また、現在定期預金の金利が0.01%の銀行が多いことを考えると、長期投資がいかに効率的な運用方法なのかが分かると思います。資産を眠らせておくのではなく、資産を働かせることで不労所得を得ることができるのです。

長期投資は儲からない、短期投資は儲かるという誤解

株初心者の中には、長期投資は利益が少なく、短期投資は早く儲けられるといったイメージを持っている方も少なくはないと思います。

確かに表面的に見ると長期投資は利益を得るまでに時間がかかる上に、投資資金が少ないと利益も小さくなります。しかし、みなさんが目にする短期投資の成功談の裏側や、長期投資のメリットである複利を考慮すると一概にそうとは言えません。

インターネットで株式投資について調べていると、「株式投資で1年で2億円儲けた!」というような話を目にすることが多いかもしれません。実際、そのような短期的な大儲けを夢見て株式投資を始める方も多いと思います。

しかし、短期で大儲けしている人のほとんどが、運が良かっただけと言っても過言ではありません。

デイトレーダーを例に具体的な数字を出すと、そもそも株式市場から退場せずに続けられるデイトレーダーの割合は、高くて10%と言われています。また、多くの人が夢見る「大成功を収めて莫大な資産を手に入れたデイトレーダー」はその中でも0.1%ほど。つまり、10%の生存者の中から0.1%の成功者が出るので、デイトレに挑戦する人数の0.01%しか夢を掴み取ることができていません

短期投資は、企業の業績ではなく過去の指標を元にお金を賭けるため、非常に不安定な投資スタイルと言えます。一方、中長期投資の場合、業績が伸びれば株を購入する人も増え、株が買われたら株価が上がります。つまり、企業の内面さえしっかり分析できれば、自ずと利益も得られるということです。

結論

短期投資は、複雑なテクニカル分析が必要で不安定な代わりに、短期間で利益が得られる

中長期投資は、企業分析ができれば短期投資よりは安定するが、利益を得るにまでに長い時間がかかる

どちらが儲かる・儲からないではなく、それぞれメリット・デメリットを持ち合わせているので、自分の生活・能力に適した投資スタイルを選びましょう。

長期投資・短期投資にオススメの銘柄は?

儲かる銘柄と儲からない銘柄。実は、投資スタイルによって、まったくと言っていいほど特徴が異なります。実際に投資する場合、「自分の投資スタイルに適した銘柄に投資できているか」が重要な要素となるので、これからご紹介する長期投資・短期投資に適した銘柄の特徴を把握しておきましょう。

【長期投資】オススメ銘柄の選び方

グローバル展開をしている大企業

まず、大企業であれば単純に倒産しにくいという利点があります。

しかし、大企業は時価総額が大きく株価が動きづらいため、短期投資では利益を出すことができません。しかし、業界をリードするような大企業の場合、年単位で見れば徐々に株価が上昇することが多く、長期投資であれば有効な投資対象と言えるでしょう。逆にベンチャー企業は、価格変動が激しく材料も多いことから、長期投資には向いていません。

そして、グローバル展開をしている、という点について。こちらは、特に新興国に進出している企業が当てはまります。これから発展が見込める新興国に進出している場合、国が成長すれば市場も成長し、市場が成長すれば企業も成長します。最近ではアジアの発展が目まぐるしいことから、アジアの新興国に進出している大企業は、長期投資としては狙い目です。

利益率が高い企業

利益率」は、経常利益÷売上高で求められる指標で、「売上に対してどれくらい利益が得られているか」が分かります。

利益率が高いということは、商品が高くても購入してもらえる、つまり他社とうまく差別化できており、独自のブランドが確立されているということになります。利益率の目安は業種によって様々ですが、一般的に5~10%が優良企業のラインと言われています。

自己資本比率が高い企業

自己資本とは、株主の出資した資金や利益など、会社が生んだ資金のことです。反対に、他人資本とは、借入金などの外部から借りている資金です。自己資本比率が高い=他人資本率が低い、つまり借金が少ない企業ということになります。

また、借金が少ないと同時に利益が大きいということにもなり、潰れにくい会社を探す1つの指標として活用することができます。目安的には、自己資本比率が40%あれば倒産しにくく、50%で優良、70%以上あれば理想の会社と言えるでしょう。

PER(株価収益率)が15倍以下

PER(株価収益率)は、割安株を探すために使われる有名な指標で、「利益が全て配当に回された場合に何年で元本を回収できるか」を表しています。

株価 ÷ 1株あたり当期純利益 = PER(株価収益率) で求めることができ、低いほど企業価値よりも株価が安くてお買い得ということが分かります。業種により平均は様々ですが、全体的な目安としては15%以下が望ましいでしょう。

【短期投資】オススメ銘柄の選び方

新興市場

【長期投資】オススメ銘柄の選び方でご紹介したように、長期投資には安定的な大企業が最適です。逆に、短期投資では、短期で利幅が出る銘柄を選ばなければならないので、株価が変動しやすい新興市場がおすすめです。

ベンチャー企業などの成長が期待される銘柄は、材料も豊富で株価も頻繁に変動します。つまり、短期投資にとっては利益を得る機会が多く、効率的に資金を回転させることができます。

流動性の高い銘柄

新興市場に投資する際の注意点として、流動性が高い銘柄を選ばなければなりません。
流動性とは「どれくらいの頻度で売買されているか」のことで、流動性が高い=頻繁に取引されている銘柄ということになります。

流動性が高ければいつでも売買することができる一方、流動性が低い場合は、売りたい時に売ることができず、せっかくの売り時を逃してしまうことがあります。

出来高増加率の高い銘柄

出来高とは「その時点でどれくらい取引されているか」を表す指標です。出来高は、ある時点での取引数を表す「点」、流動性はその点をつないで全体的な取引数を表す「線」とイメージすれば分かりやすいと思います。

そして、出来高増加率とは、前日と比べて「どれくらい出来高が増えたか」のことで、出来高増加率が高い=現在人気化していると考えることができます。急激な出来高の増加は一過性の流行である場合が多く、中長期投資では掴めない機会です。短期投資ならではの儲けポイントと言えるでしょう。

流行・話題性のあるテーマ株

テーマ株」とは、世の中の流行や話題と深く関連性を持っている銘柄の総称です。

業績だけでなく、流行や話題がプラス材料となって株価が変動するという特徴から、短期間で大きな値上がりが期待できる銘柄です。ポケモンGOが世界中で大流行を見せたことは、まだ記憶に新しいでしょう。このような爆発的に流行を見せたものには、必ずといっていいほどテーマ株が存在します。

また、流行・話題が株価上昇の理由になるという性質上、日経平均などの全体相場に影響されにくく、下落相場でも利益を狙うことができるという強みを持っています。テーマ株について詳しくは「2019年も大化けが期待できるテーマ株6選」をご覧ください

まとめ

ここまで、短期・中期・長期投資についてご説明してきました。

それぞれの投資スタイルによってメリット・デメリットはありますが、一般的にイメージの強い「短期は儲かって長期は儲からない」というのは、間違っており、自分の生活や考えに適している投資スタイルを選ぶことが最善です。

どの投資スタイルを選んでもしっかりリスクの管理を行い、長く投資を続けられる環境を目指しましょう。

この記事に関連するカテゴリ

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。