株で儲けるのは難しい?初心者でもわかる株の儲け方と利益の仕組み

株で儲けるのは難しい?初心者でもわかる株の儲け方と利益の仕組み
のメイン画像

「株で儲ける」というと、ずっとモニターとを見続ける、大損する可能性がある、知識が無いと難しいといったイメージを持っていませんか?

実は、株式投資と言っても儲け方は様々で、株に興味を持ち始めた初心者の方や、日中あまり時間のない会社員の方でもできる投資方法が用意されており、銀行の金利が0.01%と低い今、資産を眠らせておくことは非常にもったいない時代です。

株と言えば多くの人が思い浮かべる「売買で利益を得るキャピタルゲイン」、時間がない方でもできる「高金利な預金感覚のインカムゲイン」や、知識いらずでまるで宝くじ「ローリスクハイリターンのIPO投資」など、株はどのように利益が得られるのか?どういった方法が存在するのか?をご紹介します。

株の難しいイメージを取っ払って簡単にご説明するので、初心者の方のお役に立てれば幸いです。

目次非表示

値上がり益・売却益で大きく儲ける【キャピタルゲイン】

株を安く買って高く売り、その差額での利益をキャピタルゲインと呼びます。株で儲けると言えば、皆さんもこのイメージが強いのではないでしょうか?キャピタルゲインには、保有しているの株を売買して利益を得る方法と、新しい株を手に入れて売る方法があり、株のイメージ通り大きな利益が期待できる投資方法です。

値上がり益・売却益を狙ったシンプルな株の儲け方

株で儲ける方法として、一番スタンダードで有名な方法が「値上がり益・売却益を得る方法」です。簡単に例えると、100円の株を買って、110円になった時に売る。と言った風に、値上がりを利用して利益を得る・売却で利益を得る方法になります。安く買って高く売ることで利益を得るこの方法は「キャピタルゲイン」と呼ばれ、株だけでなくFXや不動産などでも使われる言葉です。

今回は、実際に株が値上がりして莫大な利益が得られた例を元に、どのように利益が得られるのか見てみましょう。これは、スマートフォンアプリ「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」で有名な会社「ガンホー」が急騰した時のチャートになります。

ガンホーのチャート画像

出典:SHARE BLOG

2013年、パズドラのブームによりガンホーの株価は急騰を見せました。約10円だった株が1年も経たずに1,300円付近まで値上がりしています。つまり、この時ガンホーに100万円投資し、10円で買って1,300円で売れていたとしたら1億3,000万円もの大金に化けていたということになります。

ここまで大きな急騰は非常に稀な例ですが、上がると思う株・上がっている途中の株を買い、購入額以上の値段で売ることで、このように莫大な利益も期待できるのがキャピタルゲインです。

IPO(新規公開株)はまるで宝くじ?

→2017年の勝率、利益・損失ランキング、利益・損失平均 IPOとは、新規公開株とも呼ばれ、新しく取引所に上場する企業の株を指します。この新規公開株を手に入れて、初めて市場に出回る時に売ることで利益を得る方法をIPO投資と呼びます

IPOは、公募価格(企業と証券会社が話し合って決めた値)で購入することができ、売れ残らないよう比較的安めに設定されているので、初値(初めて市場に出回るときの値段)が公募価格より高くなることが多く、IPO投資は利益が得やすい人気の投資法となっています。

例えば、2017年に新規上場した94社のうち、初値が公募募価格を上回ったのは84銘柄。その勝率はなんと89%!さらに、利益額1位が1,140,000円に対して、損失額1位は-28,500円IPO投資は、利益が得やすくローリスクハイリターンで初心者の方にも始めやすい投資方法となっています。

しかし、IPOは全員が購入できるわけではありません。これほど利益が得やすい方法なので、もちろんIPOを購入したい人は沢山います。そうすると、発行される株数よりも購入希望者の方が多くなり、抽選で購入者を決めることになります。タイトルに「まるで宝くじ」と書いたように、抽選に当選した人のみ購入できることから、タダで挑戦できる宝くじのような投資方法になります。

配当金・株主優待でコツコツ儲ける【インカムゲイン】

年に1回もしくは2回、企業が株主に還元する「配当金」や自社の商品・サービスが贈られる「株主優待」での利益を「インカムゲイン」と呼びます。キャピタルゲインより得られる利益は少ないものの、安定して受け取ることができます。このインカムゲインを得るために必要な知識をご紹介します。

配当金は銀行預金より高金利が期待できる!

企業から株主に対して、年に1、2回還元されるお金が「配当金」です。キャピタルゲインとは違ってハイリターンは期待できませんが、株を長期保有することから、銀行に資産を預けることで得られる金利のように、安定して利益が得られることが人気の1つとなっています。

では、一体どれくらいの利益が得られるのでしょうか?皆さんご存知の「日産自動車」を例にご説明します。現在、日産の株価は1,105円で、配当金は1株につき53円とされています。仮に、100万円で900株購入した場合、毎年47,700円の配当金が得られることになります。

配当金÷株価=配当利回り

この配当利回りが銀行の金利と同じで、預けたお金の何%を得られるかを表す指数となります。ちなみに、先ほどの日産自動車の配当利回りは4.8%で、銀行の0.01%と比べると一目瞭然ですね。業績の良い会社は配当金が上がることもあり、逆に悪い会社は下がったり、配当金が無くなる事もあるので、安定して業績を維持できる会社を選ぶことがコツになります。

株主優待で割引券や商品サービスが届く!

配当金とは別に、株主優待を贈る会社もあります。これは、商品券や自社商品・サービス(温泉無料や飛行機半額券など)が贈られる特典になります。モノを贈るということが受け入れられやすかったのか、特に日本で盛り上がりを見せています。

自分がよく使う商品で選んでもよし、配当金と同じように利回りで選んでもよしと幅広い銘柄選択が可能となっています。しかし、会社が倒産してしまっては元も子もないので、株主優待ばかりに目を取られるのではなく、その会社の業績などを確認し、長期保有しても問題ないか検討してから投資することが大切になります。

自分の生活に合った投資スタイル

株取引のイメージとして、何枚ものモニターを常に監視して張り付いていなければならないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?しかし、株取引は自分の生活スタイルに合った方法を選ぶことで無理なく続けることができるんです。

デイトレード

デイトレードとは、その名の通り1日で取引を完了する投資スタイルです。1回の取引での利益は小さくても、儲かった分を再投資して何回も取引を行うことで利益を増やすことができる、非常に資金効率がいい投資スタイルとなっています。

また、次の日まで銘柄を持ち越さないことで、取引時間外のニュースや発表に左右されないこともメリットの一つです。そして、単純に経験する取引数が多くなるので、短時間でのスキルアップにも繋がります。

1回の取引での利益は大きなものではありませんが、取引回数の多さで利益を大きくする方法です。また、購入株数が多いほど1回の利益も大きくなるので、資産が多いほどデイトレードの弱点をカバーできるとも言えます。

スイングトレード

スイングトレードとは、2日~1週間を目安に取引を完結させる投資スタイルです。

デイトレードと違って、銘柄を持ったまま日をまたぐので、取引時間外のニュース・発表の影響を受けます。もちろん、良いニュースであれば、次の日は値を上げた状態から始まるので、デイトレードにはないチャンスとも言えます。

取引は数日に1回で済むので市場に張り付く必要はなく、会社員の方でもやりやすい投資方法となっています。慣れてくると、休み時間などにスマホで状況を確認して利益を上げられるようにもなります。

数日間銘柄を保有することから、1回の取引で期待できる利益はデイトレードより高くなるので、多くの取引回数を繰り返して利益を得るデイトレードよりも難易度が低いと思われます。

長期投資

長期投資は、上記の2つと違って一時的・短期的な下落にとらわれず、よっぽどの事がない限り保有し続ける「塩漬け」という方法を取ります。

また、配当金・株主優待などのインカムゲインを目的とすることが多い長期投資ですが、リスク分散のためにそれぞれ目的の違う銘柄を複数保有することもあります。配当重視・優待重視の他に、長期的に値上がりが期待できる銘柄を保有してキャピタルゲインを考えてもよいでしょう。

利回りがよく、倒産しそうにない会社を選んで投資するだけで、銀行の金利を遥かに上回る利益を得られる、初心者の方でも始めやすいスタイルです。

実際に株で儲けている芸能人

アベノミクス効果も後押しし、働きながらお金を増やせる方法・副業として、ここ最近投資が人気となっています。あなたの身近な人が、実は投資家だったなんてこともあるかもしれません。そして、私たちがテレビでよく目にする芸能人にも、実は投資家だった人たちが多くいます。

「キャイ~ン」天野ひろゆき

2008年、「100年に一度の金融危機」と言われたリーマン・ショックの直後、これからは回復していく一方だろうと思い投資を始めたそうです。

基本的には、自分の使っている商品や好きな会社に長期投資しているそうです。チャートなどの見方は分からないものの、景気や流行りを読んで長期投資で利益を出しています。株だけでなく不動産投資も視野に入れ、品川駅と田町駅の間に新駅ができる計画があるので周辺の土地を探し回っているとも言われています。

「自分の好きな会社をベースに長期投資で利益を得る」という方法は、初心者の方でも始めやすく多くの方に参考になるのではないでしょうか。

ボビー・オロゴン

テレビでは私たちを笑わせてくれるボビーオロゴン氏ですが、貿易商の父と祖父の影響もあり、小さな頃からお金・相場・市場を叩きこまれていたそうです。5歳の時にはハムスターに子供を産ませて売り、そのお金でニワトリ、ウサギ、最後には牛まで売っていたとか。

投資スタイルはデイトレードとスイングトレードを使い分けており、株以外にも日経平均先物やFXも扱っているそうです。また、「投資は金儲けではなく勝負。」という意思を持っており、目標としていた利益より低くても「勝ち」を喜ぶことを大切にしているそうです。

杉村太蔵

最近はバラエティー番組でも活躍を目にする杉村太蔵元衆議院議員。自分の応援したい企業、好きな企業に投資するというスタンスで投資を行っているそうです。

元証券マンという事もあり、アベノミクスの波を乗りこなし1,000万円の利益を出したほか、東京オリンピック招致決定で更に資産を膨らませたそうです。自分の投資した会社の事業について勉強することで、新たな知識を身に着けることが最大の利益と語っています。

アベノミクスや東京オリンピックなど「時代の波」を乗りこなすこと、投資した企業に興味を持つことは、投資家としても非常に重要な事だと思うので是非参考にしたいところです。

まとめ

自分の生活に合わせて投資スタイルを決めることで、本来のイメージとは違った無理のない株取引ができるということが分かっていただけたかと思います。

銀行の金利が0.01%である現在、資産を眠らせておくことは非常にもったいないと思います。まずは、自分の応援したい会社に投資して配当金を得る「長期投資」から始めてみるのも良いかもしれません。また、ローリスクハイリターンが期待できる「IPO投資」、株の最大の目玉キャピタルゲインを得る「デイトレード・スイングトレード」も注目です。

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。