NISAとは?メリット・デメリットや賢い使い方をわかりやすく解説

NISAのメリット・デメリットのメイン画像

「NISAという言葉はよく聞くけど、イマイチよくわからない。」
「NISAのメリットばかり紹介されているけど、デメリットは?」
という方も多いのではないでしょうか?

NISAのメリットは、何と言っても非課税で運用できることです。つまり、投資で得た利益にかかる20.315%の税金が、NISAなら0円!

このページでは、NISAって何?といった基本的な部分から、メリット・デメリット、そして制限についてご説明します。うまく使いこなせば、大幅なコストカットにつながるNISA口座。少額での投資や初心者の方には特にオススメしたい制度です。

目次非表示

初心者にオススメの「NISA(ニーサ)」とは?メリットを活かして非課税で投資!

NISA(ニーサ)とは、購入した金融商品が非課税になる少額投資非課税制度のことで、メリットを活かせれば大きなコスト削減に繋がります。ここでは、NISAを活用するためにもいくつかのルールをご紹介します。

「NISA(ニーサ)」とは?少額投資非課税制度でお得に投資!

NISA(ニーサ)とは、国民の銀行預金や貯金を投資に使ってもらうことを目的とした「少額投資非課税制度」です。イギリスのISA(Individual Savings Account)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)と呼ばれています。

本来、投資で得た利益には20.315%の税金がかかりますが、
NISA口座であれば非課税で、税金は0円!

例えば、50万円分の株式を購入して100万円で売却した場合、NISA口座を使っているかいないかで、利益の差は10万円以上にもなります。

NISA口座 50万円全額を受け取れる
普通の口座 払う必要のある税金:500,000円×20.315%=101,575円

受け取れる利益:500,000円-101,575円=398,425円

また、非課税であることから確定申告の必要もありません
NISAのことが分かったところで、次はNISAに決められているルールをご紹介します。

NISAでの投資金額は年間120万円まで

NISAで使える投資金額は、年間で120万円という制限がかけられており、これを「非課税投資枠」と呼びます。

非課税投資枠は株式を購入した時点で差し引かれ、株を売却してもその年の非課税投資枠は回復しません。また、未使用分の非課税投資枠は繰り越すことはできず、毎年120万円からスタートします。

例えば、50万円の株を購入すれば残りは70万円、その株を売却してもその年は残りの70万円までしか利用できません。また、未使用の非課税投資枠70万円を残したまま次の年に入っても繰り越すことはできず、120万円からのスタートになります。

NISAの非課税期間は5年間

購入した株式の利益が非課税になる期間も定められています。

売却益や配当金が非課税になる期間は、買った年から5年間

例えば、2018年に購入した株式は、2022年の12月まで非課税で運用できます。

NISAの非課税期間(5年間)の画像

非課税期間が終了した株式には、売却・移管・ロールオーバーの3つの選択肢があります。次は、この「ロールオーバー」についてご説明します。

非課税期間終了・120万円以上の株式も引き継げる!「ロールオーバー」を活用しよう

非課税期間である5年が経った場合、3つの選択肢があります。

  • 株式を売却
  • NISA以外の口座へ移管
  • ロールオーバー

この「ロールオーバー」とは、非課税期間が終了した株式を翌年の非課税投資枠に移管し、引き続き非課税で運用できるようにすることです。

例えば、5年間保有した50万円の株をロールオーバーした場合、引き続き非課税で運用できる代わりに、翌年の非課税投資枠は70万円から始まります。

また、ロールオーバーできる金額には上限がなく、120万円以上の株式もすべて翌年の非課税投資枠に移すことができます。120万円以上をロールオーバーした際は、翌年の非課税投資枠はなくなります。

2018年の制度変更により、ロールオーバーの上限が撤廃されました。上限120万円と記載しているサイトもあるので注意しましょう。

まとめ

NISAのルールをまとめると、年間120万円の非課税投資枠が与えられ、その範囲内で購入した株式は、5年間非課税で運用することができます。また、非課税期間が過ぎた場合、売却・他の口座へ移管・ロールオーバーの選択肢があり、ロールオーバーできる額に上限はありません

NISAのルールまとめ画像

2018年に始まった「つみたてNISA」とは?従来のNISAとメリット比較

2018年から開始された「つみたてNISA」は、長期投資向けに作られたNISAです。ここでは、従来のNISAとの違いをご説明しつつ、そのメリットを比較してみたいと思います。

「つみたてNISA」とは、長期投資向けNISA

従来のNISAと同じく、つみたてNISAも「投資で得た利益が非課税になることがメリット」になります。

それでは、従来のNISAと何が違うのでしょうか?
従来のNISAが自由に投資できるのに対し、つみたてNISAでは、定期・継続的方法による積立投資のみが認められています。「毎月」「2ヵ月に1回」「年2回のボーナス」などのタイミングで購入し、証券会社によって積み立て頻度の選択肢が異なります。

つみたてNISA=長期投資専用NISA」といったところでしょうか。 一見、短期・長期ともに対応できる従来のNISAの方がメリットが大きいように思えますが、長期投資専用につくられた「つみたてNISA」は、非課税投資枠や非課税期間などにおいて、より長期投資に適したルールとなっています。

従来のNISAとつみたてNISAの違い

従来のNISA つみたてNISA
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円
非課税期間 5年間 20年間
最大投資額 600万円(120万円×5年) 800万円(40万円×20年)
ロールオーバー できる できない
投資対象商品 上場株式・投資信託・ETFなど 金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
投資方法 一括買付、積立 定期・継続的方法による積立のみ

つみたてNISAは、非課税投資枠が40万円と少ない代わりに非課税期間が20年と長く、値動きによる損失をカバーしやすい「長期」「積立」「分散」投資に適した制度になっています。

また、数千も存在する信託・ETFの中から金融庁が厳選した153本の投資信託・ETFが投資対象(2018年7月現在)なので、初心者の方でも比較的低リスクな投資対象を選びやすいというメリットもあります。

以上のことから、
「NISA」は投資経験者向け、「つみたてNISA」は初心者向けと言えるでしょう。

目的で選ぶNISAとつみたてNISA

非課税での運用を目的とする場合 → 従来のNISA

非課税だけでなく投資のしやすさも重視する場合 → つみたてNISA

どちらのNISAが自分に適しているのかが分かったところで、次は、「NISAのデメリット」についてご説明します。非課税だからと安心していると、逆に税金を多く払わなければならない場合もあるので注意が必要です。

非課税なのに税金で損する恐れも?NISAのデメリットと3つの注意点

多くの魅力を持っているNISAですが、もちろんメリットだけではありません。場合によっては、NISAを利用しているにもかかわらず無駄な税金を払わなければならないケースも存在します。思わぬ損を避けるため、ここではNISAのデメリットを3つご紹介します。

NISAのデメリット① 課税口座と損益通算できない

損益通算とは、株式取引での利益と損失を相殺することで、税金の払い過ぎを防ぐ方法です。例えば、口座Aで50万円の利益、口座Bで50万円の損失が出た場合、損益通算をすれば実質の利益は0円となるので税金はかかりません。

口座Aの利益50万円と口座Bの利益50万円を相殺して税金を0円にする損益通算

損益通算は、株式投資の税金対策において欠かせない方法だと思いますが、NISAでの損失は、他の口座での利益と損益通算することができません。他の口座で利益が出てNISAで損失が出た場合、普通の口座であれば税金を減らせる状況にも関わらず、NISA口座であるがゆえに節税できないということになってしまいます。

NISAのデメリット② 繰越控除もできない

3年間その損失を繰り越すことができる繰越控除。損失を3年間保有することで損益を相殺する節税方法ですが、これもNISAでは使うことができません。

損失を3年間保有して損益を相殺する繰越控除の画像

普通、100万円の損失が出た場合、繰越控除によって3年間で100万円までの利益に対する税金が免除されますが、NISAでの損失は繰り越すことができないので注意が必要です。

NISAのデメリット③ 株を課税口座に移管すると損する可能性が?

NISAの非課税期間は5年間です。そして、非課税期間が終了した際には、売却・課税口座に移管・ロールオーバーの3つの選択肢があることをお話しました。

この内「課税口座に移管」を選ぶと、課税口座での運用はその時の時価からスタートするので、含み損のある株式を移管する際には注意が必要です。
例えば・・・

課税口座に移管すると損するパターン
  1. NISAで100万円の株を購入、5年後に80万円まで値下がった状態で課税口座に移管
  2. 移管後、値段が100万円に戻ったので売却
  3. 課税口座でのスタート金額は80万円なので、20万円の利益を得たとみなされ、40,630円の税金を払わなくてはなりません。

100万円で買って100万円で売ったにも関わらず、移管したことによって約4万円の損失が出てしまいます

このように、NISAで出た損失は節税に使えないうえに、課税口座へ移管する場合に思わぬ税金が発生することもあるので注意しましょう。

ここまで、NISAのメリット・デメリットをご紹介してきました。そして、実際にNISAを使うとなれば証券会社での口座開設が必要です。証券会社によって、NISA口座に対するサービスが異なるので、NISAのメリットを最大限に活かせる証券会社を選びましょう。

NISAの賢い使い方!メリットを最大限に活せるオススメ証券会社

NISAを活用するには、普通の口座とは別に「NISA口座」の開設が必要になります。NISA口座は、一度開設すると1年間変更することができないため、メリットを最大限に引き出せる証券会社を選びましょう。

このページでオススメする証券会社は、口座開設数No.1を誇るネット証券「SBI証券」です。

SBI証券のオススメポイント

なんと、SBI証券ではNISA口座での取引手数料が無料!

つまり、税金だけでなく手数料も気にする必要がなく、大幅なコスト削減に繋がります
(S株・海外ETFの売却・海外株式の売買には手数料が必要です。)

NISAに関するサービスだけでなく、投資信託が2500超え、2017年のIPO取り扱い実績数は83社、外国株式多数といった、取り扱い商品の豊富さも大きな魅力です。NISA以外の口座で利用するにも、手数料の安さ、取引ツールの充実度、単元未満株(S株)対応など初心者から上級者まで長く使いやすいネット証券です。

まとめ

NISAは、利益が非課税になるというメリットがある反面、損益通算や繰越控除などの損失を使った節税ができないというデメリットをご紹介しました。特に、含み損のある株式を課税口座に移管する際には要注意です。

NISA口座での取引手数料が無料の証券会社はSBI証券以外にも多く存在します。あなたの使っている証券会社でもNISAに対するサービスが行われているか確認してみてはいかがでしょうか。

非課税というメリットを活かせれば大きな恩恵が得られる「NISA」
これから株式投資を始めようという方はもちろんのこと、まだNISAを使ったことがないという投資経験者の方にもオススメです。

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。