株取引ができる時間帯とは?株式市場の取引時間と時間外取引

株の取引時間と時間外取引のメイン画像

株式市場には、取引できる時間が定められており、昼休憩や土日祝日などの休日も存在します。年末年始には「大納会・大発会」と呼ばれるイベントもあり、株初心者の方にとっては、意外な部分が多いと思います。

このページでは、株式市場の取引時間や休日について、「前場・後場」とは何なのか?といった用語解説から、時間によって変わる値動きのパターン、取引時間外でも株取引を行う方法といった実践的な部分まで、分かりやすくご紹介します。

特に、取引時間外でも株取引を行う方法は、日中に時間がない方はもちろんのこと、株式投資をしているすべての人にとって大きなメリットとなるので、ぜひご覧ください。

目次非表示

株式市場の取引時間「前場 後場とは?」

株式投資未経験の方の中には、1日中パソコンの前に張り付いて取引をするようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?実は、株式市場では取引ができる時間が決められており、なんと昼休みまであるんです。ここでは、その取引時間と用語についてご紹介します。

前場・後場とは

証券取引所の営業時間、つまり株取引ができる時間は、9:00~15:00(東証以外は15:30)です。さらに、11:30~12:30は昼休憩となり、取引時間は「前場(ぜんば)」と「後場(ごば)」に分かれます。

前場(9時~11時30分)と後場(12時30分~15時)の画像

また、その日最初の取引を「寄り付き(よりつき)」、最後の取引を「大引け(おおびけ)」と呼びます。また、前場で最後の取引を「前場の引け・前引け」、後場で最初の取引を「後場の寄り付き・後場寄り」と言います

また、前場と後場で株価の動きに傾向やパターンが異なると言われており、例えば、デイトレードなどの激しい値動きを利用する投資スタイルには、寄り付きから1時間と大引けまでの1時間が勝負時と言われています。

時間ごとの株価の動き方

ここでは、時間によって見られる値動きの傾向をご紹介します。

取引の時間帯 値動きの傾向
9:00~10:00 寄り付きからの30分間は、1日で最も取引が活発な時間帯です。前日の大引け後に発表された決算発表の影響で多くの銘柄が変動します。また、欧州市場(ヨーロッパ市場)の動きも受けやすい時間帯です。
10:00~11:30 この時間はそこまで取引が活発には行われませんが、10:30からは中国市場の動きを受けて日経平均株価が推移することもあります。また、寄り付き後に株価が上昇した銘柄が出来高の減少とともに下落することが多い時間です。
12:30~14:00 後場の寄り付きも目立った動きがない限り変動しにくい時間です。しかし、インド市場が開く時間のため、日経平均株価も少し影響を受ける場合があります。
14:00~15:00 1日の中で2番目に大きな値動きが見られる時間です。また、この日に出来高が急増している銘柄が一気に値を上げる場合もあり、翌日の動きを推測した値動きをし始めます

あくまで一例ですが、前場・後場という区切りだけでなく、値動きのパターンで見れば主に4つの時間帯に区切ることができます。その時その時のパターンに対して臨機応変に対応する力が大切です。

次は、株式市場の休日、そして年末年始のイベントについて触れていきたいと思います。

土日や祝日は株式市場が休み

取引時間だけでなく、休日もある株式市場。土日や祝日は取引所が休業日になるため、株取引もできません。

株式市場の休日

株式市場の休日は、土日や振替休日を含む祝日、大晦日と正月三が日です。基本的にカレンダー通りなので、迷うことはないと思いますが、株主優待目的の投資を行う場合は少し注意が必要です。

その日に株を持っていたら株主優待の権利を得られる「権利付き最終日」が、権利確定日から3営業日前のため、取引所の休日によって実質何日前なのかが変わります。特に、12月は大晦日によって権利確定日自体がずれるので要注意です。少しの間違いで優待を逃してしまわないよう事前に確認しておきましょう

権利確定日や優待目的の投資については、「権利確定日・権利落ち日とは?カレンダーを使った簡単な調べ方」をご覧ください。

投資家の年末年始イベント「大納会・大発会」

証券取引所の最終営業日(12/30)は「大納会(だいのうかい)」、年始最初の営業日(1/4)は「大発会(だいはっかい)」と呼ばれ、相場関係者や投資家にとっての年末年始イベントとなっています。なお、当日が休業日の場合は前倒しとなり、平日が「大納会・大発会」になります。

そして、「大納会は株価が下がり、大発会は株価が上がる」という説があるのはご存知でしょうか?ここでは、投資家にとってはお決まりのこの説についてご説明します。

大納会に株価が下がる理由

  • リスク回避のための株売り

    日本の株式市場が年末年始休みなのに対し、海外市場は元日だけが休みの場合がほとんどです。この間に悪いニュースがあった場合の下落リスクを回避するため、保有株を売る投資家が多いことから、大納会は売りの勢いが強く下落しやすいと言われています。

  • 節税対策のポジション調整

    一年を通しての損益は、利益の額によっては確定申告が必要で、利益が大きいほど税金も多くなります。その一年間の運用利益が大きい投資家は、含み損のある保有株を売却し、利益を減らそうとするため、大納会の1~2週間前から売りの勢いが強くなると言われています。

大発会に株価が上がる理由

  • ご祝儀・験担ぎで買われやすい

    年内最初の取引である大発会で株価が上昇すれば、その年は良い一年になるという縁担ぎで株を買う勢いが強くなり、これを「ご祝儀相場」と呼びます。また、このような「ご祝儀相場で株価が上がりやすい」という思惑により、更に買われやすくなります

  • 年末に売った株の買戻し

    短期売買をする投資家は、節税のためなどで年末に売った株を年明けに買い直す傾向が強いと言われています。

    「大納会は株価が下がり、大発会は株価が上がる」という説のご紹介でした。大納会・大発会には、東京証券取引所でもイベントがあるなど、投資界隈でも盛り上がりを見せます。あくまでお決まりの説であり、必ずしもこの通りになるわけではないので、一つの楽しみとして覚えておきましょう。

株の売買注文は、取引時間外でも出せる

取引時間が平日の9:00~15:00(東証以外は15:30)ということで、日中忙しいサラリーマンの方は株式投資ができないのかというと、そうではありません。ネット証券なら、売買の注文自体は「ほぼ24時間」出すことができます。

「ほぼ24時間」というのは、システムメンテナンスの時間は注文できず、注文が入り乱れる前場終了時・後場終了時に、混乱を防ぐため受付を停止する証券会社もあるからです。

例えば、楽天証券では以下のような受付時間になっています。

国内株式の注文受付時間と市場別(東証・JASDAQ)取引時間の画像

休業日や取引時間外でも注文はできますが、取引時間外に注文した分は翌営業日の注文として扱われるのでご注意ください。そして、これを解決する方法が「PTS取引」です。PTS取引なら、取引時間外でもリアルタイムで株取引することができます。

取引時間外でもリアルタイムで株取引する方法

取引時間外の注文は、実際に動く株価を見ながら取引することはできません。しかし、PTSと呼ばれる証券会社独自の市場ならば、取引時間外でもリアルタイムで取引することができます。日中に取引ができない方以外でも、PTS取引を活用することによって様々なメリットが得られるので、利用して損はないサービスです。

PTS取引(夜間取引)とは

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略称で、「私設取引システム」を意味します。つまり、証券取引所を経由せずに株式を売買できる、証券会社独自の取引システムです。

通常取引(証券会社と証券取引所を介した取引)と夜間取引(証券取引所を介さず証券会社のみと取引)の比較画像

重要な企業情報は、基本的に株価に影響しにくい取引時間外に発表されますが、PTS取引なら取引時間外の発表にも素早く対応することができます。また、株価の違いを利用して、同じ銘柄を安い市場で買って高い市場で売るといった、市場の価格差を利益とすることも可能です。

PTS取引の利用時間

PTS取引の一番のメリットとも言える取引時間ですが、具体的に東証での取引時間とどれくらい違うのでしょうか?

例えば、SBI証券でのPTS取引時間は、平日8時20分~16時(デイタイムセッション)と17時~23時59分(ナイトタイムセッション・夜間取引)になります。東証よりも9時間半も長く取引時間があり、出勤前・帰宅後だけでなく、取引所の昼休み時間にもリアルタイムで株取引を行うことができます。

東証の取引時間(9:00~11:30・12:30~15:00)とPTSの取引時間(8:20~16:00・17:00~23:59)の比較画像

PTS取引には、取引時間以外にも様々なメリットがあり、特別な手続きも必要ありません。PTS取引のメリット・デメリットなど、興味のある方は「夜間取引・PTSとは」をご覧ください。

まとめ

株式市場の取引時間、休みについてご説明してきました。株初心者の方には、昼休憩の存在や年末年始のイベント「大納会・大発会」など、少し意外な部分もあったのではないでしょうか?

株式市場の取引時間は9:00~15:00(東証以外は15:30)ですが、ネット証券であればほぼ24時間売買注文を出すことが可能です。また、PTS取引なら、日中に時間のないサラリーマンの方でも夜間にリアルタイムで株取引ができるので、ぜひご活用ください。