証券取引所とは?取引時間や休日などわかりやすく紹介!

証券取引所とは?のメイン画像

証券取引所とは、株式の売買注文が集められる場所で、すべての取引が証券取引所を介して行われます

このページでは、証券取引所の役割や取引時間、休業日などの基本的な部分だけでなく、東京証券取引所以外にも存在する地方取引所についてもご紹介します。また、日本市場に影響を与える海外証券取引所の時価総額・特徴についても解説。

日本国内だけでなく、海外にも目を向けることで、日本市場を読む一つの手となります。

目次非表示

証券取引所とは

証券取引所とは、株取引における中心的存在で、すべての売買注文が取引所に集められて取引が成立します。ここでは、よく間違えられる証券取引所と証券会社の違い、取引所の役割についてご説明します。

上場とは

上場」とは、その会社の株が証券取引所で自由に売買できるように登録することを指します。例えば、東証に上場した会社の株は、東京証券取引所を介して投資家が売買できるようになります。

また、上場するには厳しい審査に通る必要があります。

  • 株主数(上場時見込み)
  • 流通株式(上場時見込み)
  • 時価総額(上場時見込み)
  • 事業継続年数
  • 純資産の額(上場時見込み) など

上記以外にも多くの基準を満たす必要がありますが、上場した会社は資金調達が容易になり、知名度のアップにもつながります。

証券取引所とは -証券会社との違いは?-

「証券取引所」とは、その名の通り株の売買が行われる場所で、投資家の「株を買いたい・売りたい」という注文が証券取引所に集められて取引が成立します。

そして、間違えやすい言葉に「証券会社」があります。証券会社は、株取引において窓口の役割を担う会社です。私たちは証券取引所で直接売買することはできません。なので、株を買おうと(売ろうと)した場合、証券取引所ではなく証券会社に注文を出し、証券会社が証券取引所にその注文を送ります。

そして、同じ値段で売りたい(買いたい)注文があれば取引が成立するという流れになります。

国内株式の注文受付時間と市場別(東証・JASDAQ)取引時間の画像

証券取引所によって株式相場が活発化される

個人間で取引するのではなく、全ての売買注文を証券取引所という1か所に集めることで、主に2つのメリットが挙げられます。

1つ目は、公正な価格での取引が可能になるということです。1対1での取引の場合、相手の提示する価格が適正なのか判別しにくいですが、大量の売買注文が証券取引所に集まることで価格の平均が取れ、公正な価格が分かるようになっています。

2つ目は、売買が成立しやすくなるということです。個人間で売買の相手を見つけるのではなく、全て証券取引所を介して行うことで売買の注文が1か所に集まり、売買が成立しやすくなっています。これにより流動性が高まり株式相場を活発化するという役割も担っています。

証券取引所の取引時間と休みの日

東京証券取引所の営業時間は9:00~15:00、休業日は土日や祝日などの基本的にカレンダー通りとなります。株取引は証券取引所が開いている時間帯しかできませんが、売買注文自体はほぼ24時間出すことができるので、平日の日中に取引を行う時間がない方でも株取引ができるようになっています。

証券取引所の営業時間

証券取引所の営業時間、つまり株取引ができる時間は、9:00~15:00(東証以外は15:30)です。さらに、11:30~12:30は昼休憩となり、取引時間は「前場(ぜんば)」と「後場(ごば)」に分かれます。

前場(9時~11時30分)と後場(12時30分~15時)の画像

また、その日最初の取引を「寄り付き(よりつき)」、最後の取引を「大引け(おおびけ)」と呼びます。また、前場で最後の取引を「前場の引け・前引け」、後場で最初の取引を「後場の寄り付き・後場寄り」と言います

証券取引所の休業日

株式市場の休日は、土日や振替休日を含む祝日、大晦日と正月三が日です。基本的にカレンダー通りなので、迷うことはないと思いますが、株主優待目的の投資を行う場合は少し注意が必要です。

その日に株を持っていたら株主優待の権利を得られる「権利付き最終日」が、権利確定日から3営業日前のため、取引所の休日によって実質何日前なのかが変わります。特に、12月は大晦日によって権利確定日自体がずれるので要注意です。少しの間違いで優待を逃してしまわないよう事前に確認しておきましょう

権利確定日や優待目的の投資については、権利確定日・権利落ち日とは?カレンダーを使った簡単な調べ方をご覧ください。

売買注文は24時間できる

「ほぼ24時間」というのは、システムメンテナンスの時間は注文できず、注文が入り乱れる前場終了時・後場終了時に、混乱を防ぐため受付を停止する証券会社もあるからです。

例えば、楽天証券では以下のような受付時間になっています。

国内株式の注文受付時間と市場別(東証・JASDAQ)取引時間の画像

休業日や取引時間外でも注文はできますが、取引時間外に注文した分は翌営業日の注文として扱われるのでご注意ください。また、「PTS取引」を利用すれば、流動性は低いものの、取引時間外や夜間でもリアルタイムで株取引することができます。

PTS取引について、詳しく知りたい方は夜間取引・PTSとはをご覧ください。

日本の証券取引所一覧

現在、日本には東京・名古屋・札幌・福岡の4か所の証券取引所があり、日本株式市場を形成しています。ここでは、上場銘柄数や特徴など各取引所の情報を一覧でご紹介します。

東京証券取引所

東京証券取引所は、日本最大の証券取引所で、略して東証とも呼ばれます。東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ(スタンダード・グロース)などの市場があり、時価総額は667兆3,762億円を誇ります。

東証1部 日本の大企業が集まっており、取引数も多く値動きが比較的安定している。
東証2部 1部に比べると規模が小さい中堅会社が集まっており、値動きが少し荒い
東証マザーズ 新しい企業(新興企業・ベンチャー企業)の中でも将来的に東証1部への上場を目指す成長企業が集まっている。1部2部と比べるとハイリスクハイリターン
ジャスダック
(JASDAQ)
スタンダードには中小企業、グロースにはベンチャー企業が多く上場している。発行している株数自体が少ないため、必然と取引数も少なくなり、値動きが荒い

2018年6月現在の上場銘柄数は、以下のようになっています。

第一部 第二部 マザーズ JASDAQスタンダード JASDAQグロース 合計
2,093社 513社 256社 696社 40社 3,598社

ほとんどの上場企業が東証に上場していることから、現在の株取引もほとんど東証を介して行われています。例えば、2015年の日本全国における株式売買代金746兆1,770億円のうち、東証が99.97%を超える745兆9,550億円を占めています日本株式市場といえば東京証券取引所と言っても過言ではありません。

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所は元々、東京証券取引所、大阪証券取引所とともに日本の三大市場と呼ばれていましたが、東証と大証の統合、東証への一極集中の影響で現在のシェアは0.02%と極少になっています。

名証には、上場基準の違う一部二部のほかに、新興企業向けのセントレックスがありますが、いずれも上場銘柄のほとんどが東証にも上場しており、単独銘柄は全体の24%ほどです。

市場第一部 市場第二部 セントレックス 合計
195社(5社) 84社(53社) 12社(12社) 291社(70社)

※ ()内は単独上場銘柄数

札幌証券取引所

札幌証券取引所は、「RIZAPグループ」が上場していることで注目されている取引所です。

2017年度の年間売買代金が3,335億円と、16年度の6倍に達し、初めて名古屋証券取引所を上回って国内第2位の市場となりました。新興企業向けのアンビシャスに上場しているRIZAPグループの売買代金が3,179億円で、株価が前年度末から9割近く高騰したことが寄与しました。

上場銘柄数は最も少なく、単独銘柄は全体でも15社となっています。

本則市場 アンビシャス 合計
48社(8社) 8社(7社) 56社(15社)

※ ()内は単独上場銘柄数

福岡証券取引所

福岡証券取引所は、九州圏で唯一の取引所です。

主な取引は、新興企業向けのQ-Boardに上場する新規公開株となっており、九州地方に本社がある会社の新規上場が多いという特徴を持っています。

本則市場 Q-Board 合計
96社(20社) 14社(6社) 110社(15社)

※ ()内は単独上場銘柄数

以上、日本にある4か所の証券取引所をご紹介しました。繰り返しになりますが、ほとんどの企業が東証に上場していることから、日本株式市場=東証と言っても過言ではありません。他にも取引所があるんだなという認識で大丈夫です。

また、日本株に影響を与えるのは国内の企業だけではありません。次は、日本市場に影響を与える海外の主な証券取引所をご紹介します。

海外の主要証券取引所

日本の株式市場に影響を与えるのは、日本の企業だけとは限りません。ここでは、世界でも重要視されている海外の主な証券取引所をご紹介します。特に、アメリカ市場が世界に与える影響は大きいので、頭の隅に置いておくと良い情報です。

海外の主要証券取引所の比較画像

野村資本市場研究所(出典)http://www.nicmr.com/nicmr/data/market/stock.pdf

アメリカ(米国)株式市場

アメリカ(米国)市場の取引時間は、夏 22:30~5:00・冬 23:30~6:00(日本時間)

日本市場の寄り付きに影響を与えます

ニューヨーク証券取引所

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、世界最大の証券取引所で、その時価総額はなんと2,492兆4,398億円(2018年2月末)の莫大な市場です。

ダウ平均株価(NYダウ)という言葉を聞いたことはありませんか?NYSEと次にご紹介するNASDAQから厳選された30銘柄で構成されるアメリカの代表的な株式指数です。リーマンショックなどでは、このNYダウが下がると日本株も大幅に下落したことから、米国株と日本株との密接な関係がうかがえます。

NASDAQ

NASDAQ(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、新興企業向けで世界最大を誇る市場で、時価総は1,134兆47億円(2018年2月末)。

情報通信関係の企業に強く、Apple(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、Amazon(AMZN)、フェイスブック(FB)などが上場しており、新興企業向けと言いつつも世界を代表する有名企業が数多く名を連ねます。

中国株式式市場

中国市場の取引時間は、上海 10:30~16:00・香港 10:30~17:00(日本時間)

日本市場の前場後半に影響を与えます

上海証券取引所

上海証券取引所(SSE)は、中国最大の規模を誇る証券取引所で、時価総額は565兆5,306億円と東証に次ぐ市場規模です。中国株は、人民元で取引されるA株と外貨で取引されるB株がありますが、B株はさほど多くなく、あくまでA株がメインとなっています。

また、次にご紹介する「香港証券取引所」とともに、上海・香港ストック・コネクトというサービスを展開しており、中国本土から香港株を買うこと、逆に香港経由で上海証券取引所上場の株を買うことができるようになりました。

香港証券取引所

香港証券取引所(HKEx)は、海外の投資家にとって中国で最も有名な取引所で、香港証券取引所の主要な33銘柄を対象に算出されるハンセン指数が有名です。時価総額は、480兆3,963億円で、SSEと合わせると日本株式市場の時価総額を優に追い抜きます

ヨーロッパ(欧州)市場

ヨーロッパ市場の取引時間は、夏 16:00~0:30・冬 17:00~1:30(日本時間)

日本市場の寄り付きに影響を与えます

ロンドン証券取引所

ロンドン証券取引所(LSE)は、1801年設立の古い歴史を持つ取引所で、時価総額は363兆9,425億円です。

上場企業は3,000銘柄以上で、老舗・大企業が上場するメイン市場と新興企業向けのAIM市場があります。2005年にNASDAQから合併提案を受けましたが、それを断り、イタリア証券取引所を買収しました。

有名な指数は、LSEに上場する銘柄から、時価総額上位100銘柄で構成された「FTSE 100」です。

ユーロネクスト

ユーロネクストは、フランスのパリ、オランダのアムステルダム、ベルギーのブリュッセル、ポルトガルのリスボンの証券取引所を統合してできた市場です。ニューヨーク証券取引所と経営統合しており、時価総額は478兆7,291億円です。

時価総額上位40銘柄を選出して構成される「CAC 40」が代表的な指数で、モエ・ヘネシー、ルイ・ヴィトン、エアバスなどの大企業が名を連ねます。

まとめ

証券取引所の役割から、日本の取引所、日本市場に影響を与える海外の市場までご紹介しました。

日本株の売買は、6割以上を海外投資家が占めています。日本国内だけでなく、海外にも目を向けて株式投資を行うことが市場を読む一つの方法となりそうです。

【東証一部・米国株】配当利回りランキング」では、今回アメリカ(米国)株式市場でご紹介した「NYダウ」について詳しく解説するとともに、NYダウを使った投資戦略「ダウの犬戦略」や、日本株で「ダウの犬戦略」を行う方法をご紹介しているので、興味があればご覧ください。

    • 株で勝率8割を目指す!『トレンドMAP投資法』講座

      キャプチャー画像
    • プロ投資家の投資手法を無料で公開!!

      【大魔神】関口忠之の「トレンドマップ投資法」を監修

      株歴35年!!相場の最前線で活躍する"大魔神"こと『関口忠之』が提唱する投資法、【トレンドマップ投資法】を監修。
      株取引を始めたばかりの初心者から、収益性の高い取引テクニックを求める経験者まで実践できる、勝率8割を目指す具体的な売買手法を完全無料で公開します。