夜間取引・PTS取引とは

夜間取引・PTSとはのメイン画像

PTSとは、「私設取引システム」のことで、証券取引所を経由せずに株式を売買できる証券会社独自の取引システムです。

取引所を介さないことから、通常取引の時間外でも株取引が行えるので、早朝・夜間取引が主なメリットとなります。これにより、日中に時間がないサラリーマンの方でも取引ができたり、取引時間外の材料・決算発表に素早く対応できたり、購入が抽選となるストップ高銘柄の購入でも優位に立つことができます。

このページでは、「PTS取引とは?」だけでなく、株式投資を有利に進められる「PTS取引のメリット・デメリット」や、PTS取引が利用できる証券会社比較をご紹介します。

目次非表示

PTSなら夜間の株取引もリアルタイムでできる!

取引所の閉まっている時間でも、リアルタイムで株取引ができる「PTS取引(夜間取引)」は、日中忙しくて株取引ができないサラリーマンの強い味方になります。しかし、そもそもなぜ取引時間外でも株取引ができるのか?また、利用時間もご説明します。

PTS取引(夜間取引)とは?

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略称で、「私設取引システム」を意味します。つまり、証券取引所を経由せずに株式を売買できる、証券会社独自の取引システムです。

通常の株取引とPTS取引の画像

普通の株取引は、東証の運営するシステム(東証市場)で行われますが、PTSは証券会社が独自で運営するシステム(PTS市場)のため、東証が閉まった後や昼休みでも株取引ができ、株価もそれぞれの市場で異なります。

重要な企業情報は、基本的に株価に影響しにくい取引時間外に発表されますが、PTS取引なら取引時間外の発表にも素早く対応することができます。また、株価の違いを利用して、同じ銘柄を安い市場で買って高い市場で売るといった、市場の価格差を利益とすることも可能です。

現在、日本で利用できるPTS市場は、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS(JNX)」 と、チャイエックス・ジャパン株式会社が運営する「チャイエックスPTS(Chi-X)」があります。

PTS取引の利用時間

PTS取引の一番のメリットとも言える取引時間ですが、具体的に東証での取引時間とどれくらい違うのでしょうか?

例えば、SBI証券でのPTS取引時間は、平日8時20分~16時(デイタイムセッション)と17時~23時59分(ナイトタイムセッション・夜間取引)になります。東証よりも9時間半も長く取引時間があり、出勤前・帰宅後だけでなく、取引所の昼休み時間にもリアルタイムで株取引を行うことができます。

東証とPTS取引時間の画像

時間外の取引で株式投資を有利に進められるPTS取引ですが、取引時間以外にも様々なメリットがあります。

【PTS夜間取引のメリット】株式投資を有利に!

PTSで夜間取引を行うことには、投資の幅を広げる多くのメリットがあります。

材料・決算に素早く対応できる

先ほどもご説明したように、東証の取引時間外でも株取引ができることから、取引時間外の材料・決算発表に素早く対応することができます。

例えば、決算内容が悪かったためPTSで売り注文を出したところ、その日の終値で売れました。翌日、東証での株価を見てみると、始値で10%も下落していた。ということもあります。このような場合、PTS取引を利用していなければ、なすすべなく下落の波に飲まれるしかありません

株式投資では、材料や決算結果をあらかじめ予測しておくことも大切ですが、発表後に対応する手段としてPTS取引は大きな力を発揮します。

自動的に有利な市場で売却「SOR注文」

PTSは、証券会社独自の取引システムであることから、東証とは全く別の市場です。つまり、株価も東証と同じとは限らず、同じ銘柄でも東証で買うよりPTS市場で買った方が安いといった場面もあります。

さらに、PTS市場で買った銘柄を東証で売ることもできるので、この価格差を利用して売却益を得たり、本来よりお得に売買することが可能です。

これらの選択を自動で行ってくれるのが「SOR注文」です。
SOR注文は、株価・出来高などから最も良い条件の市場を自動で選んで取引できる注文方法で、株価をわざわざ見比べる必要なく最善のルートを選ぶことができます。

SOR注文の画像

ストップ高銘柄でも購入できる可能性がある

ストップ高となって売り注文が少ない場合、比例分配制が使われます。
比例分配制とは、各証券会社から出された買いの注文の比率に応じて、各会社に売り注文を配分するルールです。

買い注文を出していた場合、抽選や先着順など、各証券会社のルールに応じて取引の成立・不成立が決まります。大手証券会社を使っていれば、買い注文も多いことから振り分けられる配分が多いので有利とも言えますが、買い注文が多い=他の参加者が多いことになり、倍率が高く運要素が強くなってしまいます。

そこで、運要素を排除して購入する方法がPTSで買い注文を入れることです。ストップ高銘柄は、取引時間が終わっても夜間市場にもつれ込むことが多いので、早い段階でPTS取引で買い注文を入れておけば、先着順の早い位置に並ぶことができます

ストップ高となっても、さらに株価の伸びが期待できる場合、PTS取引は注文ルートの抜け道として利用することができます。

手数料が安い

SBI証券では、PTS取引の手数料が本来よりも安く設定されており、スタンダードプランと比較すると5%ほどのコストカットに繋がります。

1注文の約定代金 PTS取引手数料 取引所取引手数料
(スタンダードプラン)
~5万円 50円 54円
~10万円 92円 97円
~20万円 108円 113円
~50万円 257円 270円
~100万円 498円 525円

一見、小さな差に見えるかもしれませんが、回数を重ねるごとに目に見える数字となるのではないでしょうか。このように、様々なメリットがあるPTS取引ですが、もちろんデメリットも存在します。

【PTS夜間取引のデメリット】株が売れない場合も?

PTS取引には様々なメリットがある一方、東証での取引より不利・不便な場合も存在します。

流動性が低い

流動性が低いというのは、取引数が少ない=参加人数が少ないことを意味します。
現在、PTS取引を行っている証券会社が少ないこともあり、全体的に利用者が少なく、取引が成立しにくい場合があります。小口の投資家にはさほど影響ありませんが、大口の投資家は少し参加しにくいかもしれません。

また、流動性が低いことが原因で価格の上下が激しいことにも注意が必要です。

信用取引が使えない

流動性が低い原因の一つともいえるデメリットが、信用取引が使えないことです。証券会社から資金や株式を借りることで、投資の幅を広げられる信用取引。現在、取引所を介さないPTS取引では規制されていますが、2019年夏にはPTSでの信用取引を解禁するとの発表があり、このデメリットは解決の糸口が見えている状態です。

しかし、15時以降の夜間取引での信用取引は見送りとのことで、これによるPTS取引の活発化は限定的かもしれません。夜間での信用取引が解禁されれば、流動性・参加人数の向上が期待でき、PTS取引も活発になるのではないでしょうか。

次は、PTS取引が利用できる証券会社をご紹介します。多くのメリットがある上に、特別な登録は必要ないので、利用して損はないサービスです。

PTS夜間取引はSBI証券だけ?年内には楽天証券でも開始!

これまで、PTSでの夜間取引ができる証券会社はSBI証券のみでしたが、2018年3月より松井証券でも取引が可能になりました。また、2018年内には、楽天証券でもPTS夜間取引が開始される予定です。

【PTS取引比較】SBI証券・松井証券・楽天証券

現在、SBI証券・松井証券・楽天証券の3社で利用できるPTS取引ですが、利用時間や市場など、証券会社によって異なる点をご紹介します。

証券会社 取引時間 市場
SBI証券 8:20~16:00
(デイタイムセッション)
17:00~23:59
(ナイトタイムセッション)
ジャパンネクストPTS(JNX)
松井証券 8:20~15:30
(デイタイムセッション)
17:30~23:59
(ナイトタイムセッション)
ジャパンネクストPTS(JNX)
楽天証券 8:20~16:00
(デイタイムセッション)
2018年内開始予定
(ナイトタイムセッション)
ジャパンネクストPTS(JNX)
チャイエックスPTS(Chi-X)

PTS取引は、どの証券会社が有利?

SBI証券がPTS市場を運営していることもあり、取引時間はSBI証券が一番長く、松井証券はデイ/ナイトセッションともに30分短くなっています。

また、楽天証券は唯一PTS市場が選択できる証券会社で、取引する市場の選択肢が増えることは有利な取引に繋がります。しかし、夜間取引ができないことがデメリットとなっており、今はまだPTS取引のメリットを活かし切れていないかもしれません。

今、PTS取引を始めるならSBI証券、夜間取引開始後は楽天証券を使うことで更に優位に立てるのではないでしょうか。

まとめ

取引所の時間外でも株の売買が行えるPTS取引。特別な手続きもなく、単純に選択肢が増えると考えても株式投資に有利になるのは間違いありません。

今は利用しなくても、材料や決算結果など、もしもの時に備えて頭の隅に置いておきたい取引方法です。