そもそも株とは何なのか?初心者でもわかる株の仕組みと基礎知識

株とは

株という言葉を知っていても、そもそも株が何なのか、どんなメリットがあるのかを知っている人は案外少ないのではないでしょうか?または、ギャンブルのようなイメージ、失敗すると破産してしまうイメージを持っている方もいるかもしれません。

今回は、株に興味はあるけどイマイチ理解できず不安があるという方に向けて、株とは何なのか?株式市場とは何なのか?をご説明します。

難しいイメージのある株も要点を掴めば難しくありません。皆さんが株式投資を始める第一歩に繋がれば幸いです。

目次非表示

基本的な株の仕組み

株とは、会社にお金を出してくれた人に渡す権利書のようなものです。会社は、株を発行することで多くの人々からお金を集め、その集めたお金を使って事業活動を行います。

この事業活動で儲けたお金は、出資してくれた「株主」に対して、「配当」や「優待券」といった形でお給料のように支払われます。また、会社が新しい事業をスタートさせる準備資金などにも使われます。

つまり、株というものは会社がお金を広く集めるために発行されるもので、会社の株を買うということは、その会社のオーナーに加わるということです。
この株の仕組みをより深く知るために、「株式会社とはどういった会社なのか?」「なぜ会社は銀行ではなく投資家からお金を集めるのか?」掘り下げてご紹介します。

そもそも株式会社とは

一言に会社といっても、「株式会社」や「有限会社」、「合同会社」や「合資会社」など、会社によってさまざまな形があります。では、株式会社とはどのような会社なのでしょうか?

株式会社とは、株式を発行することで活動資金を調達できる会社のことを指します。

会社として活動していくためには、商品開発や設備の準備など、膨大な資金が必要となります。この資金を個人で準備するのは決して簡単なことではありません。しかし、株式会社という形式であれば、自社の商品や活動内容を応援してくれる出資者を広く募集することができ、個人では集められなかった活動資金を集めることが可能となります。

そして、会社に出資してくれた人にはその内容を証明する株式を発行して、事業で儲けたお金を出資者に還元していきます。これが出資者=株主の大きなメリットとなります。

しかし、資金が必要ならば銀行から融資を受けることも可能です。なぜ、企業はわざわざ株主からお金を集める必要があるのでしょうか?次は、融資と出資の違いについてご紹介します。

銀行による融資と投資家による出資の違い

融資と出資の違いは、お金を返す必要があるかどうかです。

融資とはお金を借りる事であり、利子をつけて返さなければならない一方、株主からの出資は返済の義務がありません

返済の義務がないと聞けば出資のほうが断然良いように聞こえますよね。しかし、新株の発行や増資の引き受け先を確保しなければならない上に、株主には経営に口出しする権利があるので、100%思い通りには経営できないというデメリットがあります。

逆に、融資には返済義務がある代わりに、経営方針への影響はありません。いわゆる借金と同じで利子を払う必要があり、お金を必要とする成長途中の企業にとっては大きな負担となります。

会社側のメリット・デメリットが分かったところで、次は、私たちが株主になることで得られるメリットを見てみましょう。

株主とは

株主とは、簡単にいうと「その会社の株を持っている人」です。株主には「議決権や配当金を得る権利」が与えられ、仮にその会社が倒産したとしても、株主は「自分が出資した額以上の責任を負う必要はない」と法律で定められています。

株主になるメリット -議決権や配当金って何?-

では、出資して株主となった人にはどんなメリットがあるのでしょうか?株主には大きく分けて3つのメリットがあります。

議決権が与えられる

まず1つ目は、議決権です。株主総会と呼ばれる株式会社の基本方針を決める場で、会社の意思決定に直接関与することが可能となります。つまり、会社の経営に対して口出しできる権利となります。

さらに、議決権は1人1票ではなく、持っている株数(出資した額)に応じて与えられるため、会社の株を過半数持っている人は大株主と呼ばれ、その人1人の意見で社長をクビにすることも、会社の方針を変えることも可能となります。

配当金を得られる

2つ目は配当金です。会社に利益が出たらその一部を株主に還元する制度で、年に1・2回配当があります。業績が良い企業は配当金が高く、悪い企業は安いもしくは配当を行わない無配の場合もあります。

業績が良い企業は基本的に株の値段も高いので、株の値段と配当金のバランスを考えて投資することが大切になります。配当金での収入をインカムゲインと呼び、場合によっては銀行に預金するよりも多くの利益を得る事ができます

株主優待が受けられる

3つ目は株主優待です。企業によっては、配当金とは別に自社商品や割引券などを贈るところもあり、これを株主優待と呼びます

例えば飛行機や新幹線の片道料金が50%割引になったり、映画が無料で見られたり、お米が贈られるなど、お得感があることから日本では盛り上がりを見せています。ちなみに海外では、物を贈るよりも配当金を上げることを求められることから、株主優待を行う企業はあまり多くはないようです。

株主の責任は出資額のみ!

会社法104条において、株式会社における株主の責任は出資額のみと定められています。これを「有限責任」と呼び、会社が倒産した場合も、株主は出資したお金が返還されないという以外は責任を負いません

ちなみに、有限責任の反対は無限責任で、仮に株主の責任が無限責任であった場合、出資した会社が倒産すると、その会社の借金を株主個人の財産で支払うことになります。このようなリスクの元では出資してくれる人が見つからないことから、株主の責任は有限責任として最小限に抑えられています。

例外として、信用取引があります。これは「自分を信用してもらって、保有している資金以上の金額を扱える」という取引方法です。この場合、自分の資金以上の金額を借りて取引を行うので、その借金分の責任も負わなければなりません

上場企業の株のみ売買できる

株といえば、やはり売買によって儲けるイメージが強いと思いますが、実はどの会社の株でも売買できるわけではありません。数々の条件をクリアした「上場企業」と呼ばれる会社の株のみ売買が認められています。

上場企業とは

上場とは、その会社の株が証券取引所で自由に売買できるように登録することを指します。そして、その株を発行している会社が「上場企業」です。

上場するには厳しい審査に通る必要があります。

  • 株主数(上場時見込み)
  • 流通株式(上場時見込み)
  • 時価総額(上場時見込み)
  • 事業継続年数
  • 純資産の額(上場時見込み)など

上記以外にも多くの基準を満たす必要がありますが、上場した会社は資金調達が容易になり、知名度のアップにもつながります。

証券取引所とは -証券会社との違いは?-

証券取引所」とは、その名の通り株の売買が行われる場所です。現在日本には、東京・名古屋・福岡・札幌に証券取引所がありますが、ほとんどの上場企業は、東京取引証券に上場しています。「東証」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは東京証券取引所の略となっています。

また、証券取引所の中でもランク分けがされており、上場する条件も違ってきます。今回は東京証券取引所を例に、ランクごとの特色をご紹介します。

市場 特徴
東証一部 日本の大企業が集まっており、取引数も多く値動きが比較的安定している。
東証二部 一部に比べると規模が小さい中堅会社が集まっており、値動きが少し荒い。
東証マザーズ 新しい企業(新興企業・ベンチャー企業)の中でも将来的に東証一部への上場を目指す成長企業が集まっている。一部二部と比べるとハイリスクハイリターン。
ジャスダック
(JASDAQ)
中小企業やベンチャー企業が最も多く上場している。発行している株数自体が少ないため、必然と取引数も少なくなり、値動きが荒い。

そして、間違えやすい言葉に「証券会社」があります。証券会社は、株取引において窓口の役割を担う会社です。私たちは証券取引所で直接売買することはできません。なので、株を買おうと(売ろうと)した場合、証券取引所ではなく証券会社に注文を出し、証券会社が証券取引所にその注文を送ります。そして、同じ値段で売りたい(買いたい)注文があれば取引が成立するという流れになります。

証券会社の役割画像

よく耳にする「株式市場」とは?

新聞やニュースで「今日の株式市場は~」という言葉を聞いたことありませんか?この「株式市場」とは、実際に存在する場所ではなく概念的なものになり、「株取引の状況」と言い換えることができます。例えば「東京株式市場は~」というと「東京証券取引所で行われた株取引の状況は~」といった具合になります。

株取引の状況とは?

前述したように、「株式市場」という言葉は「株取引の状況」と解釈できます。この株取引の状況とは、主に株の価格や出来高(取引数)を指します。

株の価格は「株価」と呼ばれ、買いたい人が多いと株価が上がり、売りたい人が多いと株価が下がります株価は需要と供給で上下する、というのを聞いたことがあると思いますが、これは、「高くても買いたい人」や「安くても売りたい人」の多さで価格が上下するという意味になります。

また、株価が上下してもその企業は儲かったり損したりはしません。基本的に株取引とは、1度発行した株の転売が行われているだけだからです。しかし、資金調達をするために株を発行する際、株価が高い方が発行した株を高く売れるので、資金調達の際には関係します。

証券取引所によって株式相場が活発化される

個人間で取引するのではなく、全ての売買注文を証券取引所という1か所に集めることで、主に2つのメリットが挙げられます。

1つ目は、公正な価格での取引が可能になるということです。1対1での取引の場合、相手の言い値が適正な値段なのか判別しにくいですが、大量の売買注文が証券取引所に集まることで価格の平均が取れ、公正な価格が分かるようになっています。

2つ目は、売買が成立しやすくなるということです。個人間で売買の相手を見つけるのではなく、全て証券取引所で行うことで売買の注文が1か所に集まり、売買が成立しやすくなっています。これにより流動性が高まり株式相場を活発化する役割も担っています。

まとめ

難しいイメージのある株ですが、要点を掴めば理解は難しくありません。
それでは、今回出てきた重要なワードを見返してみましょう。

  • 株とは、株式会社が資金を調達するための手段
  • 株主から集めた資金は返さなくてよい
  • 株主のメリットは、議決権・配当金・株主優待
  • 株主の責任は、出資額のみの「有限責任」
  • 売買できるのは上場企業の株のみ

どれも株に興味を持てば自然と覚えるはずなので、徐々に覚えていきましょう。